「高齢者の立ち居振る舞いは人生の成績表」の反響まとめ



先日こんなツイートをしたのですが、現時点で2万リツイート、3万いいねとなっています。


(※正しくは「立ち振る舞い」ではなく「立ち居振る舞い」だそうです。ご指摘ありがとうございました。)


あまりにも大きな反響でたくさんのリプをいただき、一つ一つにお答えするのが難しい状況です、申し訳ありません… 

その代わり、こちらの記事にまとめて初めて見た方でもわかりやすくして、コメントを書きます。

まず、一番多かったのが共感のコメントです。














また、「同業者ではないか…?」というコメントもいただきました。





すいません、同業者かどうかはわかりませんし、また、よくあることですが「業務上のこと、知り得た情報はSNSに書いてはいけない」という旨の誓約書にサインをしているので詳細については書くことができません。

ただ、高齢者と関わる仕事は多岐に渡りますし、そもそも高齢者の数自体が増え続けているので、今では日常的に高齢者と接する機会が多い仕事はたくさんあるのではないかと思います。リプライもたくさんいただきました。





自分の息子が「専業主夫」になるのはOK?2000票を超えるアンケートの結果|カタルエ - ホームステイで留学生を受け入れ中


また、こんな声もありました。






これに関してはちょっと僕の言葉使いが至らなかったところがあり、反省しています。皆さんの背景にはいろんな状況があるところに、想像力が行き届いていませんでした。

ただ、直接関わっている身としては「認知症なら仕方ない」と単純に思えない現状もあり、難しいところです… 

目の前の暴力や暴言はやはり良くないことだと思いますし、ひどい時は「もう仕事、やめてしまいたい」と思ったりもします。どうすればいいものか、悩みますね…


ほかにもたくさんのリプライをいただきました、ありがとうございます。

今回改めて感じたのは、多くの人が高齢者と関わる仕事をしていて、また皆さん日々大変な思いをしているんだなあ、ということです。本当に、すごいです。皆さん、お疲れ様です。

今でさえこんな状況で、今後団塊世代がすべて75歳以上の後期高齢者になる2025年あたりには、日本はどうなってしまうんだろうと、ちょっと不安になりますね…


あまり良いアイディアなどもないのですが、今後も頑張っていきましょう…!


関連する記事