テレビで紹介した夕食宅配が反響あるので、うちで使っている「ヨシケイ」を紹介する

先日TBS月曜夜7時「結婚したら人生激変!〇〇の妻たち」でうちの自宅が紹介されました。



僕がやっている家事の時短ノウハウがテーマだったのですが、中でも「夕食は全て食材宅配で済ませている」という話に大きな反響がありました。


そこでうちが今使っている夕食宅配サービス「ヨシケイ」を紹介します。


食材の夕食宅配サービスとは

僕が勝手に食材宅配、特に中でも「夕食宅配」を説明すると…

栄養士が夕飯の献立を決めてくれて、そのレシピ食材を家族の人数分ぴったりの分量で毎日届けてくれるサービス

です。
これを頼むことによって
  • 毎日栄養バランスの良い献立を考える手間・時間
  • スーパーに行って買い物をする手間・時間
  • 残った食材を冷蔵庫で保管し、処理する手間・時間
といった、多くの手間と時間から解放されることができます。


「ヨシケイ」の良いところ

現在うちが使っているのがヨシケイ
夕食宅配の老舗です。ヨシケイの良さはなんといってもその安さと販売網の広さです!

・安い

うちが頼んでいるのは「プチママ」というコースなのですが、これは月〜金の週5日、4人分の食材を届けてくれます。価格は週8856円、つまり一人当たり一食約443円です。普通に夕飯を作ったら200〜300円はかかるでしょうか。それに比べると確かに高くはなりますが、その代わり夕飯作りの煩わしさからは解放されます。この値段を追加するだけで手間と労力から解放されるなら、十分コスパの良い選択肢だと思います。
ちなみに配送料も無料なので、これ以外のお金は全くかかりません。

・販売網が広い

ヨシケイのサービスはかなり幅広く、日本全国が対象となっています。お住まいの地域によっては提供不可の場合もあるかと思いますが、他のサービスと比べても幅広くやっているのは魅力です。
また宅配も毎日自宅前まで届けてくれるので、いつも新鮮な食材が楽しめます。

ヨシケイの特徴

・自分好みのプランが選べる

ヨシケイのプランはたくさんの種類があり、自分の生活スタイルに合わせたものが選びやすいです。プランの変更もすぐにできるので気軽にコロコロ変えたりできます。

例えば僕がオーダーしているプランは自分で食材をカットしたり温めたりといったことが必要になるので、時間は20分前後かかります。これをもしもあらかじめカット・調理されている調理済み食材のプランに変えれば、更に10分程度の時短になります。ただその分、やはりお値段が少し上がります。

うちは、味的に調理済み食材よりもこちらで調理する食材の方が美味しいと感じたので、未調理のプランをオーダーしています。


ヨシケイで改善してほしいところ

・支払いが不便

支払いはクレジットカードか銀行口座引落です。ただクレジットカードに関しては「ヨシケイNICOSカード」というヨシケイと提携しているカードしか使えないので、新しくカードを作る必要があります。またこれも作るとなると2ヶ月くらいかかり、その間は現金決済なのでちょっと不便です…

・レシピが読みにくい

ヨシケイのレシピはたまに読みにくいです… 複数のレシピを同時進行する形のレシピになっていて、料理一つひとつの工程が一目でわかりづらいんですよね。


伝わりますでしょうか…?

まあでも、これは慣れてしまえばそんなに大きな問題でもないと思います。

・プランの違いがわかりにくい

これは実はヨシケイに限らず、多くの食材宅配で見られることなのですが… 食材宅配の料金プランのネーミングがわかりにくいのです。

例えばヨシケイには4つのプランがあります。
  • すまいるごはん
  • LOVYU
  • 和彩ごよみ
  • ヘルシーメニュー
これだけでも、名前からどんな内容なのか、あまり想像がつきません。そして「すまいるごはん」は、また更に9つのコースに分かれます。
  • プチママ
  • 定番
  • 食彩
  • キットde楽
  • Y*デリ
  • バランス400
  • ボリュームONE
  • スマイルミール
  • 楽らく味彩
これもまた名前だけではどんな内容なのかほとんどわかりません…
読み込めばそれぞれ説明があるのですが、選んでいる時点でちょっと混乱します。
とりあえず通常の夕食宅配をお願いしたい場合はおかず2品の「プチママ」か3品の「定番」を選びましょう。


総評

気になる点もありますが、総じて満足しています。
やはり手間とストレス、無駄な時間から解放されたことは大きいです!

テレビでも話しましたが、これだけ時短をしてなにがしたいの?ということなのですが、時短をして作った時間を

子供と過ごす時間にしたいんですよね。

買い物に行く時間、料理にかける時間を時短して1時間作ることができれば、1日に1時間長く子供と一緒に過ごすことができます。たった1時間、と思われる人もいるかもしれませんが、僕はとても貴重な時間だと考えています。

子育て中の方は、特に一番忙しい0〜10歳くらいの間までは、こういったサービスで時間を作り、子育ての負担を軽減するのはとても有効なやり方だと思います。興味のある方はぜひ公式サイトで詳細を見てみてください!






関連する記事