ベルマークは面倒、でもPTAとのいざこざも嫌、一瞬でベルマーク集めを終わらせたい人へ



日本の学校はベルマークという独特な寄附システムを導入しているところが多いです。昔からあるのでご存知の方も多いですよね。

ベルマークって?

商品を買い、そのパッケージについている小さいマークをハサミで切り取り、学校に一括で集め(作業にはPTAが関わっていることが多い)、それをベルマーク財団という団体に提出するとそこで点数に応じた預金ができ、その点数で学校で使う学用品が買えたりします。

(詳細は公式サイトを参照)

ベルマーク、個人的にはなんでいまだに一生懸命にやっているのか理解できません。

あれ、1点が約1円なんですよ。ベルマーク100点ってすごい多いイメージありますけど、100円ですからね。学校でベークセールでもやって、その売上金の一部を寄付した方がよっぽど効率良いし、保護者同士の繋がりもできる子供たちも楽しめるんじゃないかなと思います、、、

、、、が!

公教育はいろんなややこしい事情があったりします。非合理的でも現実問題、仕組みとして動いているのであればそれに従う必要もあります。

これは

「ベルマークは面倒!でもその仕組みを変えるのも面倒!なんとか最小限の手間でスルーしたい!」

という方向けの記事です。

一回の買い物で、一年分のベルマークの準備を終了する

きっと多くの学校では毎月のように子供がベルマークを回収するための封筒を持って帰ってきて、それに今月集めたベルマークを入れて持っていく、という流れになっているかと思われます。

ベルマークの提出はあくまでも任意なので別になにも入れずにそのまま返却してもいいのですが、中には

「ちょっとは入れておかないと、カッコがつかない…

という方もいるかもしれません。また「せっかく封筒持っていくんだから、なにか入れていきたい」と子供が要求する場合もあります(うちの子もそうでした)。

でも、毎月ベルマークを意識して買い物をするのもダルいですよね。
そこで、一回の買い物で一年分のベルマークを買ってしまいましょう

まず、ベルマークの提出回数を決めます。学校によって異なると思いますが、ここでは回収月は年度初めの4月、夏休みの8月を除く年間10回と仮定します。

一回に入れていくベルマークは3枚くらいあれば十分カッコつく(子供も納得する)と思いますので、30枚あれば一年分のベルマークが用意できます。

そこで年度のはじめにベルマーク対象商品を一気にネットで30個買います。Amazonプライムでオーダーすれば、早ければ今日届きますので、作業を一日で終わらせることだってできます。

商品が届いたらパッケージのベルマーク部分だけを切り取り、それをクリアフォルダなどに放り込んで保管しておきます。

あとは回収日の際に毎回3枚子供に渡すだけ。

以上!


これでもう一年間は「ベルマーク集めなきゃ…」と悩む必要がなくなります!


商品を選ぶポイントとおすすめアイテム

こちらが現在のベルマーク対象商品一覧表が掲載してあるページになります。

ベルマークポスター

対象商品がたくさんあるので迷ってしまいますが、
選ぶポイントは

・長期保存可能
・安い
・必要なもの
・外箱にマークがついてて、内容物を消費することなくマークが取れる

ものですね。

飲み物(アサヒ・キリンビバレッジ)

飲み物はベルマーク集めの鉄板。家族が好きな飲み物をまとめてオーダーして、ラベルのマーク部分だけ切り取り、あとは保管。飲み物は長期保存できますので、ちょっとずつ消費すればいいです。


そんなに飲み物は普段買わないよ!という方は、水を買って「震災用常備水」にしましょう。日本に住んでいる以上、自宅に水を常備するのはかなり重要です。



電池(TOSHIBA)

これも普段使いもできるし、震災用常備品としても使えます。以下は使い切りではなく、充電式のニッケル水素電池です。


マヨネーズ(キューピー)

ベルマークの定番です。


パスタ(日清フーズ)

パスタも日常的に使用頻度が高く、日持ちする食品です。ただこれに関してはパッケージをはがさないといけませんので、普段パスタ用保存容器を使っている方のみです。まとめて買って、ジップロックなどに移し替えて保管してもいいですね。


インスタント麺(日清食品)

いろいろありますが、焼きそばのカップタイプのものか、チキンラーメンミニあたりがいいです。袋ラーメンは個包装にマークがついているものも多いのですが、これは外包装についていますのでパッケージをはがしても中をすぐ食べる必要がありません。


スープ(味の素)

外箱にマークがありますが、中が小分けの袋になっています。これも震災常備用品として使えます。


スポンジ(スコッチ・ブライト)

貼り合わせスポンジネットスポンジにはベルマークがついています(種類によってついてないものもあるので注意)。食器洗い用スポンジも使用頻度が高い消耗品なので買いやすいです。




ご家庭の需要に合った商品が見つかりましたでしょうか?
一度やってしまえばあとは楽になるので、どうぞ検討してみてください。