カーペットや畳を"スポット水洗い"できる「switle」を発売前に使ってみた!



友人「ムーチョさ、なんか家事のコミュニティみたいなのやってたよね」

僕「"家事研究部"ね。家事全般のことをいろいろネットで話し合う集まりなんだが」

友人「多分お前が好きそうな新商品が知り合いのツテで発売前に手に入りそうなんだが、使ってみない?家事を普段からやってる人からの感想が聞きたい」

僕「!?」



で、お借りすることができました、「switle」!
「新しいもの好き」と言い続けてるとたまにはいいことあるな!笑



これは一言で言うと

「カーペットなどを"スポット水洗い"できる、掃除機アタッチメント」。

掃除機のように見えますが、これ自体には電子部品はなにも入っていません。キャニスター型掃除機に取り付けて、その吸引力を利用して機能する「アタッチメント」です。

まだ、塗装もされていないプロトタイプ(試作機)。
いいですよねプロトタイプって!もう”プロトタイプ”って響きがいい。
エヴァンゲリオンで言うと綾波レイが乗ってる零号機みたいな。


とにかく、細かいことは抜きで早速使ってみました。
とりあえず動画をどうぞ。





初めてやった時、素で

すげええええええ!」って

声出ちゃいましたよ。

カーペットに液体をこぼした時はいつもは基本的に叩いて汚れを浮かせて…ですからね。
便利グッズで吸水力がすごい布巾なんてのもいろいろありますけど、奥に入ってしまったものはなかなか吸い取りにくい。

これは掃除機の吸引力で水分を吸い取るので、圧倒的に素早く綺麗になります。


「それなら、水が吸い取れる掃除機でいいんじゃない?そういうのすでにあるじゃん」

って話なのですが、それのさらに上を行く仕様になっています。


この掃除機はよく見ると”二重構造”になっています。
内側に水を入れるタンクがあるのです。



どういうことかというと、まずタンクに貯めたキレイな水をカーペットに「噴出」するんですね。そして汚れを「希釈」します。そしてその後、ものすごい吸引力で「吸い取る」

汚れに水をかける

汚れを希釈する

汚れを吸い取る

という三段階があり、これを一瞬でやるわけです。

水で希釈して汚れ薄め、吸い取り、また希釈して吸い取り、を繰り返し、限りなく汚れを0%に近づける… つまり本当に「水洗い」なのです

ありそうでなかったな、こういうの…


僕が真っ先に思いついた使用目的はやはり「子供の食べこぼし」だったんですけど、その後に浮かんだのが「介護」。

これ、畳にもかなり効果があるらしいんですけど、高齢の方って「畳文化」に愛着があるじゃないですか。畳がある場所で介護を行うケースもとても多いと思います。

畳の食べこぼしの掃除、あと排泄物の掃除といったケースも増えてくるのではないでしょうか。フローリングの床と違ってなかなか掃除しにくい環境で、今後高齢者の増加に伴い相当需要がありそうな気がします。

あと犬や猫などのペットを飼ってる人は間違いなく使う機会はあるでしょうね!家全体がフローリングで全て水拭きできるという作りなら別でしょうが、ちょっとソファが汚されたり、車移動の時にシートを汚されたりという時にストレスなく綺麗にできるのはとても便利だと思います。

水洗いって、気持ちいいですもんね!


この商品はこれから発売されるのですが、そもそも発売するきっかけはクラウドファンディング、つまり製作資金をネットで募って、達成したら販売するというあの形式なのです。



スイトル【switle】世界初!掃除機用水洗いクリーナーヘッド


もう目標額の800%(!)と大幅に上回る額を達成して、あとは発売待ちという状況です。

で、このページを見ると実演会が今度行われるそうです。



【switle】スイトル“タッチ&トライ”イベント

■イベント名 : 【switle】スイトル“タッチ&トライ”イベント
■開催日時 : 2016 年12 月7 日 15:00~17:00(二部制)
■会場 : DMM.make AKIBA
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル 12F



これは、実際見ると「おおおぉー…!」ってなると思うので、自宅で育児や介護がある方、仕事絡みでこういった掃除の需要がある方はぜひ現物を見て欲しいです。


さてさて、僕はもう少しこれで遊ん… いやいや、研究してみます。

えげつない汚れ、例えば粘度の高いお好み焼きソースや、油分の高い焼肉のタレではどうなのか…!?

またツイッターやfacebookなどで報告します!