群馬県のパパ向け冊子がイイ感じ


群馬県が、これから父親になる人に向けた冊子をネットで公開した、というニュースを見て、なかなか良かったので紹介します。

こういう情報って、僕が父親になった8年前と比べて、ずいぶん増えた気がします。
育児の男性参加の事情、男性の意識って、社会的にも急速に変化しているなあ、とつくづく感じます。
男性がよく困惑するポイントとして、急激な妻の様子の変化についていけない、というのがありますよね。
見た目はいつも通りなのに、いきなり冷たくなった、相手にしてくれなくなった、いつも機嫌が悪い……
その理由を、こうやって前もって知っていれば、妻に適切なサポートができますよね。
ちょっとした情報なんですけど、知っているのと知らないのとでは雲泥の差。
男性は特に、日常で育児や出産の話題に触れる機会が少ないので、こういった形で教えてくれるのはとても良いです。
僕も、もっと早く知りたかったよ!
ちょっと気になったのが、全体的にやはり「女性誌」っぽい配色だなあ、と。
女性のデザイナーさんが作ってるのかな。
「色なんて、どうでもよくない?」
と思う方もいるかもしれませんが、色やデザインが違うだけで、「手に取りやすさ」が全然変わってくると思います。
やはり男としては、あまりにもピンクや黄色の配色の雑誌って読みにくかったりするんですよね。
なんか居心地悪いというか。
僕なんかよくママ向け雑誌読んでましたけど、やはり周りの目がちょっと気になりましたよね笑
もっと、ビジネス雑誌や、男性向けファッション雑誌っぽい配色の方が気軽に読んでもらえる気がします。
この天宮さんって方は、なんと専業主夫をやっていたそう。
その後また仕事をしているということで、こういう前例がたくさん紹介されるようになると男性の一時的な主夫生活、育児休業生活も増える気がします。

ロールモデルの存在は大きいです!

この情報はあくまでも公共の関連機関で配られるものらしいですが、企業の食堂・オフィスの入り口なんかにも置いて欲しいところです。
そういった意味でも、「読んでいて恥ずかしくない」「周りから茶化されない」メディア作りって重要だと思います!

群馬県『ぐんま育児男子』はネットで電子書籍として全部公開されています。
興味のある方はぜひ読んでみてください!ブラウザだけで読めます。
f