どれだけの経済効果があるというのか