【TED】リカルド・セムラー氏の考え方にグッとくる!



たまに話題するTEDですが、僕はいつもNHKの『スーパープレゼンテーション 』という番組を録画していて、時間がある時に数本まとめて観る、ということをしています。




先ほどもgoogleの自動運転技術の話だとか、オクラホマ州の肥満対策の話を見ていたのですが、中でも特に”グッときた”のが会社経営者リカルド・セムラー氏の「(ほぼ)ルール無しで会社を経営する方法」です。


みんな、時間ができたらあれをしよう、これをしようと言いますが
時間ができる老後には、金も体力も無くなります。
山登りがしたい!と思っているなら、80代になってからするのではなく
今しませんか?


まあ、こういうことを言う人はよくいますよね。
ただこの人は会社経営者、自分の会社をそういう仕組みにしてしまったのです。


水曜日を休日にする代わりに、給料の10%を引く


この仕組み、導入してほしいと思っている日本人、特に子育て世代なんかは
たくさんいるんじゃないでしょうか?

共働きだからお金はそこそこある、その代わり死ぬほど時間がない
10%の給料を削ってもいいから、その分で
家族との時間、自分の趣味の時間を買いたい……


この会社での導入において当初経営者は、
高齢層の社員が中心に利用するだろうと予想していたらしいです。
しかし実際の制度利用者の平均年齢はなんと29歳。

その後、いろんなことを変えていきます。


  • なんで出社と退社時間を管理しているの?”社員から仕事を買え”ば良くて、勤務時間とかどうでもよくね?
  • なんで立派な”本社”が必要なの?経営者が偉そうにするだけの場所は要らなくね?たくさんいろんな場所に事務所を作って、社員がそれぞれの自宅から近い好きなところで働けるようにした方が便利じゃね?
  • なんで上司が部下を勝手に決めるの?部下も上司を決めたいよな。部下が上司の面接をして、OKしたら上司にしてやるよ



こんな感じです。

あと、


  • 一週間で達成すべきノルマを2日で達成したら、それ以上仕事をするな。動くと他の人の仕事をまた増やしてしまうから面倒だ。ビーチにいって、来週の月曜日からまた仕事に来てくれ



ってのもウケました笑


他にもいろんな面白いことを言っているので、20分とちょっと長い動画ではありますが、ぜひ見てほしいです。





多くの人は、日曜の夜に仕事をすることを学びました。しかし、月曜の午後に映画に行くことを学んでいる人はまだ非常に少ないです。もしも英知を求めているなら、そういうことも学んでいかないといけません


働き方って、もっと自由になっていいよね。