ゲームマニアの親がオススメする子供向けアプリ

長らくカタルエをご愛読いただいている方ならご存知かと思われますが、僕はゲームが大好きです。多分人生でプレイしているゲームは500を超えています。




そんな僕ですが、自分の子供にゲームを与えるのは、かなり慎重です。

ゲームを遊びまくったからこそ、良い部分も知っていれば、悪い部分もたくさん体感してきました。

良いゲームかどうかを見極めるのはちょっと面倒で、例えば本なら表紙と数ページを読めばその文体からなんとなく本の雰囲気、対象がわかります。

しかしゲームの場合、ある程度遊び進めないとそこが見えてこない場合が多々あります。

ということで、ここでは僕が自分でしっかり遊んで面白かったゲームを紹介します。



「rop」

これは小学生以上にオススメです。



ルールはいたってシンプルで、上の絵と同じ形の線を下に作るだけ、です。
例えば、上の写真なら、点を移動させて上の図のような「V」の字を作ればOK。



ただ、ポイントは「線を重ねられ、重ねても一本とみなす」ところ。


一本に見えた線も、実は点を動かすと重なっていたりする

どの線とどの線が繋がっていて、どれを重ねればいいのかを考える必要があるので、ここで論理思考が必要になってきます。


頭の中で線をほどき、どの点を端に持って行き、どの線をつなぐか… 

クリアする前は「これ、絶対無理だろ…」

クリアした後は「なんだそんなことか!」

これが爽快です。

子供向けということで紹介していますが、大人でも全然楽しめます。

通勤のお供にも向いてると思います。