プラスチック製のUNO「UNO H2O」が相当良くて一家に一セットあってもいい

カードゲームの大定番、ウノ!

うちはよく近所の子供達の溜まり場になるので、子供が家にワサワサいることが多いです。

うちに来て、まずやらせてというのがテレビゲーム。4人で遊べるマリオなんかはいいんですけど、ゲームばっかりやるのも良くないので、うちは一日一時間と決めています。

その後どうするかというと、そのあとはカードゲームをしたりします。

中でもウノはルールも簡単、大勢で遊べるという優秀なゲームでよくやるのですが、小学生ってカードの扱いが結構雑で(普通に折ったりします!)、すぐにボロボロになります…

ちょっと写真だと分かりづらいかもしれませんが、うちにある従来のウノ。子供が噛んだあとや、おり曲げた痕跡があります…


そろそろ買い替えかなあ、と思っていた時に見つけたのがこの「UNO H2O」。

これが相当優秀なのです!




プレイの様子。カードが透けてる!
なんかカッコいい!




裏から見たカード。こんなに透けてるのに、色や数字は見えない!(当たり前)


おすすめポイント

・とても丈夫!

このウノのカードは紙は一切使っておらず、全部がプラスチック製です。よくあるプラスチックのコーティング、とかではないので、非常に丈夫です。
まだ長期間使っているわけではないのですが、これならちょっとやそっと子供たちが雑に扱っても大丈夫です。


・水洗いできる!

H2Oの名前はここから来ています。「水の中でも遊べる!」という触れ込みなのですね。正直なところ、水の中でウノをしたいと思うシチュエーションが人生でどれだけあるのか不明ではありますが、とにかくこの防水ウノというのは洗うことができるので便利。

子供とよく接している方はご存知かと思いますが、子供の手は基本的に超汚いです。お菓子を触って手を洗わないこともしょっちゅうです。カードゲームのカードはすぐに油っぽくなったりします。でもこのカードなら、石鹸で水洗いができるので、いつでも綺麗な状態を保てるというわけです。


・カードがシャッフルしやすい!



プラスチック製なので、もうツルッツルです。あまりにツルツルなので逆にちょっと滑って困るくらいです。
紙のカードだと汚れなどの劣化でだんだんカードのキレが悪くなってくるものですが、このカードはそういう心配がないのでいつでも気持ちよく切れます。


紙のカードをプラスチックに変えるだけでこんなに使い勝手が変わるものなんですね、素晴らしいです。むしろ、なんでもっと早くこれ出さなかった!?



細かいことですが、カードケースもプラスチック製の専用ケースがついていて、収まりが良いです。紙のウノだと、ケースも紙製だったりするんですよね。これがまた入れにくくて… こういう小さい改良も好感が持てます。

おまけで追加ルールもあるけど、簡単

ちなみにこのUNO H2O、おまけ要素的ではありますが、追加ルールとして「ドボンカード」というのがついています。



ドローフォーの弱い版みたいなやつなのですが、ワイルドカードと同じく好きな色を選べて、さらに”プレイヤー全員にカードを1~2枚引かせる”というものです。

ドローフォーは次のプレイヤーだけが引くので恨みを買いますが、これなら全員を攻撃できて恨みが分散されるのでいいですね笑



ウノって誰でも知ってるし、大人でもたまにやりたくなりますよね。
これはケース、カード共にしっかりしていて長期保存にも向いているし、一家に一セット置いてあっても良いな、とすら思いました。

子供がいるご家庭なら特におすすめです!



関連する記事