みんなの「主夫のイメージ」ってどんなもんなんだろう



ツイッターをもうだいぶ長くやっていて、
フォローしてくださっている方には

「いつもこんなくだらない話に付き合ってくれて本当にありがとうございます!」

という思いでいっぱいです。


僕は主夫という立場で
育児系4コマ漫画なんかを書いているので、
それ経由でフォローしてくださった方の中にはきっと

「ああ、このムーチョとかいう人は主夫だし、
漫画もノンビリした感じだし、
きっと優しくてホッコリしてる感じのパパさんなんだろう」

というイメージを持った方もいらっしゃるかと思われます。

で、しばらくフォローしてるうちに

「あれ?なんか変じゃないこの人?
全然ホッコリしないんだけど

って気づいて、失望させているかもしれません。
もしもそうだとしたらすいません。


多分これを読んでるほとんどの人は
主夫が身近にいない(生活圏内で接触しない)人だと思うのですが、

「主夫が身近にいない人たちが
主夫に対してどんなイメージを持っているのか」

というのがちょっと気になりました。


ちょっと前にソフランのCMとかあったの知ってます?
西島秀俊が「主夫、はじめました。」なんて言って。



エプロン巻いてちょっとドジりながらもひたむきに頑張ってるわけですよ。
(この人なぜか外出してる時もエプロン姿なんですけど
まあそこは演出上のお約束ということで)

主夫としては戦々恐々ですよ。

「そ、そんな爽やかなイメージ作らないで!」

って。


ちょっと前に、やはり僕にネット上で
「失望した」的なことを言ってきた方がいましてね。

それ自体は申し訳ないな、とは思ったんですけど、その後に

「もっとフォローしたくなるような主夫はいないもんかな」

って言ってましてね。
さすがにそれはどうなの、と。

イメージありきで入っちゃってるんですよね。

「主夫はこういう人たちだろう」、って。


逆に考えて、

「もっとフォローしたくなるような主婦はいないもんかな」

って言ってる人がいたらなんか嫌な感じじゃないですか。
なにを期待してるんだよ、っていう。





主婦がみんな「金麦のCMの檀れい」じゃないように、

主夫も「ソフランのCMの西島秀俊」じゃないんですよね。


まあ考えてみれば当たり前の話なんですけど
イメージサンプル数が少ないジャンルの人たちって
どうしても無意識的にわかりやすいイメージに引っ張られがち
なところがあるのかなと思いまして。

あ、そんなイメージそもそもないですか?
無いなら良かったです。

主夫っていっても

ただのおじさんが家事をやってる

ってだけの話ですからね。

いろんなおじさんがいますよ、そりゃ。



爽やかホッコリ系であることに越したことはないんだけど

やはりそうなりきれない現実があり。



今日も

時にはイライラもしつつ、

時には道行く綺麗なお姉さんに目を奪われつつ、

家族を支えるため、真剣にもがいています。