オススメお出かけスポット(15) - 「雨の日でもOK!『アソボーノ!』」

-------------------------

※この記事は2011年~2012年に@ニフティのパパ育児ポータルサイト「パパスイッチ」で連載していたものです。サイトの移転に伴い過去ログが閲覧できなくなったので、ニフティ様のご好意により当ブログに転載させていただくことになりました。

情報が古いところもありますので、最新の情報につきましては、記事最後にありますリンク先の公式サイトなどで確認していただきますようよろしくお願いします。

-------------------------



今日は東京・水道橋にある屋内施設、「アソボーノ!」のご紹介です!
「アソボーノ!」は、2011年8月にオープンした、比較的新しい子供のプレイスポット。完全に屋内の施設なので、天候に左右されずいつでも遊べることができます。
また屋内施設、しかもこんな東京のど真ん中という立地にも関わらず、結構広いスペースが設けられているのも嬉しいポイント。
駅からめちゃ近っ!
「アソボーノ!」までのアクセスは公式サイトによると・・・
  • JR・都営三田線「水道橋」駅
  • 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅
  • 都営大江戸線「春日」駅
と、いろんな線からのアクセスが可能ですが、水道橋駅が一番近いです。
その近さ、都営三田線の出口からだと徒歩10秒程度!
僕が訪れた時は生憎の雨だったのですが、傘を差さずに駅の出口から施設の入り口までいけました。水道橋駅A4またはA5(どちらでも大して変わらない)からすぐ目の前です。屋内施設を利用したい時って、天候が悪い時だったりするのでこういう立地は本当に助かりますね(あ、ただこの出口からだとエレベータが使えず、長い階段を上がっていかないといけないので、ベビーカーを持っている方はちょっと大変です。僕は担いで上がりました 笑)。

広い!

僕はほとんど予備知識なしでこの施設にいったのですが、第一印象は「広い!」でした。今までにこのお出かけスポット連載の取材も含め、いろんな屋内施設に遊びにいきましたが、ここは中でも広い方なんじゃないかと思います。東京のど真ん中という立地を考えると、この広さは十分です。やはり子供の遊び場に不可欠なのって、「広さ」ですからね、ゆったりした作りなのは大事です。

ロッカー利用をおすすめ
施設内では大人も一緒に遊べるものが数多くありますので、持ち歩く荷物はなるべく少ない方がいいです。というか、手ぶらがベストです。入館する際に何度でも開け閉め可能なロッカーを200円で借りられるので借りておいたほうがいいです。ロッカーは便利なのですがサイズがちょっと小さめなので、冬場などコートがかさばる時期は2つ位借りてもいいかもしれません。追加で借りることもできますので、借りる際はロッカー前のカウンターのスタッフに言えば、すぐに対応してくれます。

5つのエリア
施設内は大きく5つのエリアに分かれています。それぞれ特徴があるので、簡単にご紹介します。

1.アドベンチャーオーシャン
身体を動かして遊ぶエリア。
青いボールで埋め尽くされたボールプールが海のように見えるので、この名前がついたのでしょうか。アスレチック系の遊具がたくさんあり、身体を動かす遊びがいろいろできます。ボールを投げたり、ウォールクライミングをしたり、トランポリンをしたり。4才児以上くらいなら、存分に楽しむことができるスペースです。

2.プレジャーステーション
ブロックなどでもの作りができるエリア。
膨大な量のプラレールやブロックがあります。量が多いので、長い線路もじゃんじゃん作れます。プラレール好きの男の子にはきっとたまらないでしょう。ここはやはり男の子が多かったです。

3.ハイハイガーデン
0ヵ月~24ヵ月までのベビー専用エリア。
ふわふわのおもちゃがたくさん置いてあり、赤ちゃんも安心。ゆっくりまったりしているパパさん、ママさんが多くいました。

4.トイフォレスト
多種多様のおもちゃが置いてあるエリア。
魚釣りゲームは、竿の先に磁石がついていて、魚についている磁石にくっつけて吊り上げます。けっこうしっかり作られていて、子供たちからはかなり人気でした。パズルやボードゲームなどは市販のおもちゃなどもふんだんに取り入れながら、いろんなものが試せるようになっています。

5.カラフルタウン
ここはお店屋さんごっこや、おままごと、菜園ごっこなどを楽しめるエリア。
お店屋さん用のお店、おままごと用のキッチンスペースも広く、一度にたくさんの子供が遊べるような配慮がなされていて、僕が見ていた限りおもちゃの取り合いになっているようなことはあまりありませんでした。

・・・と、バラエティに富んだ内容になっています。これだけ多くのおもちゃがあれば、さすがにどんな子も、どれかには反応しますよね!
普段、触れないおもちゃと数多く触れることができるのは子供も楽しいですし、親にとっても子供の意外な興味の対象を知るチャンスだったりします。

・・・けど、高い・・・!
いろんな線が利用できてアクセスもよく、駅からも近く、しかも十分な広さが確保されていて、内容も充実しているこの「アソボーノ!」ですが、やはりそんな「なんでもかんでもウマイ話」があるわけでもなく・・・

利用料金が結構お高い・・・!
平日料金は1日パスポートなどもあり、そんなでもないのですがこの「パパスイッチ」は基本的にパパさん達が見ているサイトなので、平日利用はあまりしませんよね。
ということで、例えば・・・
「週末に家族4人(大人2名、子供2名)で、2時間利用する」ことを想定した場合、
大人 900円(施設利用料) × 2名 = 1,800円
子供 (900円(最初の1時間)+800円(1時間延長分)) × 2名 = 3,400円
合計 5,200円となります。
2時間で、5,000円オーバーか、うーん・・・
しかも、この「アソボーノ!」がある東京ドームシティって、他にもいろんな楽しいスポットがあるんですよ。施設のすぐ隣には「ゴファン」っていうファミリー向けフードコートがありますし、すぐ上には「東京ドームシティ アトラクションズ」ってのがあって、メリーゴーランドやジェットコースター等いろいろな乗り物が楽しめるようになっています。それにも足を運ぼうものなら・・・!
ちなみに、屋内遊具施設で有名なボーネルンド系の料金設定と同じ条件で比較してみますと、
例えば「キドキド」の場合、
大人 300円(施設利用料) × 2名 = 600円
子供 (600(最初の30分)+900(1時間30分延長分)) × 2名 = 3,000円
合計 3,600円です。

まあ「キドキド」は「アソボーノ!」よりも規模が小さいところもあり、単純な比較はできないのですが、「子供を連れ出して遊ばせる」のだけが目的であれば、この値段差はやはり無視できないですねえ・・・

4才の娘のイチオシ!
親としては、その、費用的なアレでちょっと・・・というこの施設ですが、うちの子供は大絶賛でした。僕はこんなお出かけスポット連載を書いていることもあり、今までにいろんな施設に子供たちを連れ回しているんですが、ここはうちの上の4才の娘が珍しく
「ここに またきたい! まいにち きたい!」
と言いました。
うちの上の娘はわりと慎重派なので、新しいところにいってすぐにそこが気に入るってことはあまりないのですが、よっぽど楽しかったんでしょうね。

施設の内容も、周辺施設の充実度も、値段も高いこの「アソボーノ!」
でも、連れていけばまず子供が喜ぶこと間違いなしな鉄板スポットです。

ちょっと奮発してお子さんを喜ばせてあげたい方は、是非どうぞ!


  1. 所在地
  2. 東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ内
  3. 営業時間
  4. 平日10:00~18:00、土日祝9:30~19:00(受付は閉館の70分前まで)) ※催事などにより変更の場合あり
  5. 料金
  6. 子供(6ヵ月~小学生): 900円/60分(以降30分毎に400円)
    大人(中学生以上):900円/終日
    ※夏休みなど特定期間を除く平日のみ「こども1日フリーパス(1500円)」あり(混雑時販売中止の場合あり)