粗大ゴミ処分料を払うのがもったいないので「ジモティー」でリサイクル!

家にある要らないものは、ネットを通じてほかの人に譲ってしまいましょう!




【意外と高い粗大ゴミ処分料】

うちはマンションで家がそんなに広くないので、定期的に物を処分し続けていかないとすぐに家が物で溢れてしまいます。

小さいものはそのまま捨てられるのですが、大きなものは「粗大ゴミ券」を買わなくてはいけません(東京・江東区の場合)。

券は1枚200円・300円のものがあり、コンビニなどで購入できるものなのですが、粗大ゴミを捨てる際にこれをきちんと貼らないと持っていってくれません。

この粗大ゴミ券ってのが結構バカにならなくて、例えば
  • 扇風機 300 円
  • 衣装箱 300 円
  • こたつ 700 円
  • テーブル 700 円
  • 大きい箱物家具 1,000 円

と、かなりお金がかかるのです。

お金を払って捨てるくらいなら、誰かにもらってもらった方がマシじゃないか!
ということで調べたら、「ジモティー」というサイトがあったのでこれを利用してみることにしました。

【個人間リサイクルのサイト「ジモティー」】



このサイトは要は「売ります・あげます」の掲示板なのですが、全国的に展開していて利用者が多くて回転が速いのと、少ない手順で出品できて、値段を設定することもできるというのが魅力です。

そして最大のポイントは「手渡し」。地元の人同士で連絡取り合って、手渡しで取引することに特化しています。郵送、梱包の手間を考えなくていいのはとても気楽です!

1,000円以上の価格を設定する場合には携帯電話番号や免許証のコピーなどを申請し、「利用者認証」をする必要があるのですが、もしも要らないものをタダで誰かに貰ってほしい、という場合は特にそれさえも必要ありません。

(ただ、万が一取引でトラブルがあった場合お互いの素性が分かっている方が対処しやすいと思うので、僕は携帯電話のSMS認証はしましたし、取引相手も認証されている人を優先するようにしてます)。

【さっそく出品してみる】


僕が初めて出品したものは、IKEAの定番アイテム、「ポエング」
しかも、そのフレームだけ!


なぜフレーム部分だけかというと、この商品はそもそもフレームと上のクッションを別に買う仕様になっているのです。クッションはさすがに汚れが目立ったので、大した傷や汚れがないフレーム部だけでも需要あるかな、と思ってこういう形の出品にしました。

当初はタダで貰ってくれるならそれでいい、と思っていたのですが、いざ貰い手を探すとなると欲が出てくるもので・・・笑

500円で売ることにしました!

それでも買った価格はたしか当時3000円程度してる(今はもっと値上がりしてる?)し、状態も良いので欲しい人にとってはかなりお得な価格になっています。

あと少しでもお金を取る形にした方がちゃんとした人が来てくれるかな、という思いもありました。

で、こんな文章を掲載。



ここでとにかく大事なのは「車で自宅前まで取りに来てくれること」。
自宅前まで取りに来てくれるなら、粗大ゴミ置場まで運搬するよりも楽なわけです。ここが僕にとっては最大のメリット。

【すぐに貰い手が決定!】


車で来てくれる方限定にしたので時間がかかるかな?と思いきや、ものの数十分で問い合わせメールが!速攻で決まりました!

あとは日程を決めて、うちの場所を伝えるだけで取引ができるわけなのですが、ここでちょっとした問題が。

ジモティーのシステムは、メアドを交換するのではなく、ジモティーサイトを通してのメールのやり取りとなるのですが、このシステムだと画像が添付できないので、相手に自宅の地図を直接送れないのです。

取引相手にメアドを伝える必要がない、というのは利点でもあるのですが、こういうデメリットもあるのですね・・・

僕は画像アップロードサイトのfirestorageを使って3日間限定でgoogleマップで作成した自宅周辺の地図画像をアップして、そこのリンクを記載する、という形を取りました。

そして取引当日。
時間の遅れもなく、自宅前にミニバンがやってきました。

簡単な挨拶をして、椅子の状態を確認してもらい、椅子をミニバンに積み込みます。

そして最後に500円を受け取る。

お互い笑顔でお礼を言って、ミニバン去る。

終了!

やり取り自体は1分ほどで終わりました。

なんて楽チン!!

【不用品を処分する抵抗感が減った】


その後も何度か不用品を出品しましたが、ほとんど流れは変わりません。たまに手で持ち運べる程度のものは駅の改札で待ち合わせというパターンもやりますが、ほとんどは自宅まで取りに来てもらう流れです。

最近では不用品を処分する抵抗感が減りました。
以前は物を処分する時の思考パターンは

「あーこれ邪魔だな、使ってないないから捨てたい、でもまだ使えるのに捨てるのはもったいないな。粗大ゴミ券買いに行くのも手間だし、粗大ゴミ置場まで運ぶのも面倒・・・いつか使うかもしれないから一応取っておくか・・・

みたいな感じだったのですが、

「あーこれ邪魔だな。1,000円で売って自宅前まで来て引き取ってくれるなら処分してもいいかな

に変わりました。

もちろん人にあげられる程度の、状態の良い物に限ることにはなりますが、それでもかなりいろんなものが処分できるようになりました。
心情的にも、ゴミとして捨てるよりも欲しい人に使ってもらう方が気持ち良いですし。



粗大ゴミの処分で悩んだ場合は、ジモティーの利用を検討してみるのもいいかもしれませんよ!


(※このブログ記事はジモティーの運営や広告と何の関係もありません笑)