今日発売のAERAに4コマと座談会の様子が載りました



Twitterではすでにお知らせしておりますが、ブログでも告知させてください。


今日発売の9月1日号『AERA』に、4コマ漫画と座談会の様子が載りました!

4コマ漫画5本と、特集見出し下のイラストを描いています。

座談会でご一緒させて頂いたメンバーは以下の通り。



  • 青野慶久さん(サイボウズ社長)
  • 安藤哲也さん(FJ代表)
  • 田中俊之さん(男性学研究者)
  • 保坂展人さん(世田谷区長)
  • 宮内崇敏(ムーチョ)さん(主夫ブロガー)



・・・この面々で、なぜ僕が呼ばれたのかよく分かりませんが・・・笑
明らかになんか浮いてるだろ僕・・・

いつもネット記事でお見かけする方々に直に会うことができ、また男性育児について意見を交わすことができて本当に光栄でした。

AERAの記事の目次は以下のリンクからご覧ください。

AERA 2014年9月1日号

巻頭の特集の記事はこんな感じです。
男がつらいイクメン圧力につぶされる/
大黒柱のままの「両立は無理ゲー」/
妻から責められ同僚には後ろめたさでうつ状態/
安倍政権「女性活用」にはイクメンの4割が反対/
今も続く「男たるもの」の呪縛



記事の一部抜粋ですが、以下のような対談となっております。
対談した皆さんの写真も載っています。

家事中に救急車で運ばれ…男性が語るイクメンの今

興味を持って頂いた方は、ぜひご一読を!


-----------------

一つだけ記事の内容に関して補足をしたく。
座談会の中で僕は「妻があまり家事を手伝わない」的な趣旨の発言をしていますが、確かに今は妻は終電まで残業する日が多く、世の中の一般的な平均からすると家事・育児に関わる時間は少ないかもしれません。

しかし、僕もこの妻の時間の使い方に関してある程度納得してやっているので、課題が完全に無いとは言いませんが、それでも基本的には妻の仕事の姿勢を応援しています。


現実問題、仕事量の"ムラ"ってあるからね・・・
理想だけ押し付けるのも違うよね・・・
とはいえ妻がいない時、実際僕も大変だし、
どこまで主張すべきなのか、っていうジレンマは
いつも抱えています・・・。


妻は平日こそあまり子供とは会えませんが、週末はとても良いお母さんをやってくれています。先週末も子供達を連れて土曜日も日曜日も出かけていましたし、料理も作っていました。

この記事だけを読むとちょっと妻があまりにもなにもやっていない、という印象を与えかねないので、この場で補足させて頂きました。

いつもありがとう、妻!
感謝しています!