主夫インタビュー:東京の兼業主夫、中村さん(後編)

前回の記事の続きです。

主夫インタビュー:東京の兼業主夫、中村さん(後編)




中村さんのお仕事の写真を頂きました。
数々のパーカッションが並んでいます。



ー夫婦関係についてお聞きしたいのですが、奥さんとコミュニケーションはどんな時にとっていますか?

妻と話す機会はとても多いです。朝も朝ごはんを食べながら話すし、夜、子供がいても話しています。夜に一緒に酒を飲みながらも話します。

ーとても仲がいいんですね! ケンカなんかはしたりしないんですか?

子供が生まれる前まではたまにありましたね。お互い泥酔して、なんか言い合ったり。内容はよく覚えてないんですが(笑)


今はないですね。どっちが発言力が上か下かということはなく、対等な関係だと僕は感じています。ただ、これは性格的なものだと思うのですが、「今度、○○にいこう」というような提案は、妻がすることが多いですね。



ー難しい質問だと思いますが、奥さんが働けなくなったらどうします?

それはもう深夜のコンビニでもトラックの運転手でもなんでもやって稼ぎます。男はやろうと思えば、身体さえ元気ならなんとでも稼げると思うんです。



ーシュフに向いている人ってどんな人だと思いますか?

ルーチンに耐えられる人、ですかね。あと、「つまらないことはつまらない」と受け入れられる人。洗濯物をたたむのは、どうしたってつまらないんですよ。楽しいわけがない。それを「楽しいと思えない」と悩むのではなく、「この作業はつまらない」と開き直れる人。そしてその上でちゃんとこなせる人ですかね。僕は子育てもつまらない!と開き直ってる部分もあります。

ー! それはなかなか女性のシュフには言えないセリフなのではないでしょうか!?(笑)

もちろん全部じゃないですけど。でもつまらない時はつまらないので、それは受け入れないと。



ー今後もシュフは続けていきますか?

続けざるを得ないですかね。うちの基本スタンスは「できる人とがやる」なので。このままいくと、妻はずっと忙しいと思います。だとすると、僕がシュフとしてやるべきことをやる、という感じですね。



ー最後に読者に向けてメッセージがあればお願いします

シュフになるのに抵抗がある人がいるみたいですけど、男は、負けを認めた方がいいんじゃないかと思います。女に勝とうとしない。どうも、男って「収入の額面で女に勝たないと」みたいに、女と戦おうとする人が多い。でも、戦う対象って、妻じゃないですよね。「女に勝とうとしない」って思えるようになると、気が楽になって、次のステップにいけると思うんです。



ーありがとうございました!



ーーー

「つまらないものは『つまらない』という。それを受け入れた上でやる」

「女と戦おうとしない。戦う対象はそこじゃない」

などなど、個人的にもいろんな気づきがあったインタビューでした。

インタビューでは「女と戦おうとしない」とありましたが、これは男女問わずそうですよね。夫婦間で本気で戦い始めたら、きっと未来はないよなあ・・・



中村哲也さんはシュフ業の傍ら、パーカッショニストとしても活動しています。僕も演奏をCDで聴かせて頂きましたが、すごいです・・・! テレビ・ラジオでの活動、ライブでの演奏もあり、幼稚園や保育園などでのパーカッションイベントなどもやっておられるので、もしも興味のある方はぜひ下記もご覧ください!



中村哲也(なかむらてつや)
ドラム&パーカッション
1975年生まれ東京都出身0型
16歳でドラムを始める。大学在籍中にドラムを江尻憲和氏に師事。
2000年にパーカッショニスト山口とも氏のアシスタントに就く。
その後自らもドラマー・パーカッショニストとしての活動を開始。
都内を中心にライブハウスやカフェに出演し、コンサート・レコーディング等幅広く活動している。<主な共演(サポート)アーティスト>
Nana、林田健司、beret、MIZZ、島谷ひとみ(TV)、堀江 里沙、茜沢ユメル、和田琢磨、水島裕、金大偉、RAMJA、高橋ちか、下町兄弟、岩田雅之、TOSHI-KAZU、佐久間レイ、上野まな、イチヤナギユウ、skyla、NHK教育テレビ番組「リタとナントカ」「にほんごであそぼ」、HYANGHA、西村ちさと(ex.TOMATO CUBE)、劇団しゅわえもん(手話演劇の音楽担当)

ブログ
http://ameblo.jp/syufudearu/

Facebookページ
http://www.facebook.com/username/#!/tetsuya.nakamura.1447

ーーー



さてカタルエでは引き続き男性シュフのインタビュー協力者を募集しています!

関東にお住まいの主夫さん、ご興味があればぜひご連絡ください! 謝礼はないですが、コーヒーを奢ります笑