主夫インタビュー:シュフ歴2年の専業主夫、もーまんたいさん(前編)


今回ご紹介する主夫さんは神奈川県にお住まいのもーまんたいさんです。
もーまんたいさんは、子育てを理由に完全に専業シュフになったシュフさんです。
なぜ仕事をやめてシュフになったのか?
シュフになることには抵抗はなかったのか?
そんなところを詳しく聞いてきました!



ーこんにちは、今日はよろしくお願いします。
こんにちは、こちらこそよろしくお願いします。

ーまずはご自身の年齢をお聞かせください。
今は31才です。

ー若い!シュフになったのはいつですか?
私がシュフになったのは29才の頃でしたから、ちょうどシュフになって2年くらいですね。

ーお子さんは今おいくつですか?
2才3ヶ月です。

ーということは・・・
そうです、ちょうど子供が生まれてからシュフになりました。シュフになったのも、子供が生まれたのがきっかけです。

ーその、シュフになった理由というところをもう少し聞きたいのですが、シュフは自分からなりたいと思ってなったのですか?
子供が生まれることがわかってから、妻と今後のことを話していくうちに、自然と私の方が仕事を辞めて、子育てをする、というような流れになりました。
ぶっちゃけた話、妻の方が年収も高かったし、その方が安定しているだろうということもありました。

ー共働きということは考えなかったのですか?
私達夫婦は、「子供が小さい頃はどちらかが専業で子育てをしよう」という考えでしたので、共働きは考えていませんでした。そうなると、おのずと妻が会社を辞めるよりも私が辞めた方がいろいろ効率が良いのではないか、ということになりまして。

ーでもやはり一般的には男が仕事を辞めるというのは社会的に抵抗があると思うのですが。
時間という限られたリソースを仕事に使うのか、家事・育児に使うのか。自分の中で優先度を吟味した結果、仕事を辞めることにしました。僕は仕事に大きな価値を置いていなかったんですね(笑)。まぁ、働かなくてすむという下心もなかったといえば嘘になりますが…(笑)

ーでは抵抗感は全然感じなかった?
そうですね、むしろシュフになった当初は優越感すらありました。「人と違うことしてる自分、すごい!」みたいな。

ーそれは今でもそうですか?
それが実は最近はいろいろ自分の中で葛藤が生まれていまして・・・

ーおおっ、そうなんですね。それではそのあたりの話は後ほど詳しく聞かせてください。
もう少しまずは背景のお話が聞きたいのですが、奥さんとはどうやって知り合ったのですか?
妻とは大学の軽音部で知り合いました。僕はギターをやっていて、妻はドラムでした。大学1年の頃に知り合ったので、もう知り合ってから12年経ちます。

ー長いですね!今までシュフさんのお話でもそうでしたが、どうもシュフさんは奥さんとの付き合いが長い方が多いような・・・
かくいうムーチョさんも奥さんは高校の同級生ですもんね(笑)

ーええ(笑)
やはり損得勘定無しで相手のことを見られるようになるには、ある程度長い付き合いが必要なのかもしれません。

ーすいませんちょっと話が逸れましたが、奥さんはシュフになることについてどんな反応でしたか?
特に大きな反応はありませんでしたね。私の場合はいきなり「シュフになりたい!」というようなカミングアウトをしたわけではなく、子育てをどうするかという話し合いの中で、自然とこれがお互いにとって一番いいよね、という感じで落ち着きました。共働きの時から家事は分担して慣れていましたし、妻には働きたいという希望があったので。簡単に言うと適材適所ですね。

ーなるほどー、それが一番いいパターンかもしれません。それでは、ご両親の方の反応はいかがでしたか?
私の母親は実は今でもたまに「子供を保育園に預けて仕事をしたら?」と言ってきたりします(笑)。ただ、私のやっていることに一定の理解は示してくれていて、全否定という感じでもないです。父の方は、特になにもいってきませんね。

ー多くの方が気になる部分ですが、義理のご両親はいかがですか?
それが義理の両親の方も全くノータッチなんですよ。基本、干渉してこないので、なにもありません。

ーこれはまた、意外というか・・・!
そうですかね。だから親からのプレッシャーというものは、日常的に特になにも感じてないです。
ーでは次に、一日のスケジュールを教えてください。

6:30 起床
7:00 朝ご飯(いつもNHKの「シャキーン!」を見ながら笑)
7:30 妻、出勤。掃除、洗濯
10:00 子供のお散歩
11:30 昼ご飯の準備
12:00 昼ご飯
13:00 子供の寝かしつけ
子供が寝ている間はギターを弾いたり、ネットを見たり
15:30 子供、起きる。また散歩にいく
17:30 帰宅。お風呂に入れる
18:00 晩ご飯の準備
19:00 晩ご飯
20:30 片付けなど終了
21:00 寝る、奥さん帰宅

妻がちょうど子供が寝るタイミングで帰ってくることが多いんですよ。だからやっと寝そうなのに、帰ってくると「ママー!」ってなって・・・
ーよくある話ですよね(笑)



ー得意な家事ってありますか?
うーん、強いていうなら料理ですかね。得意というか、ただ好きなだけなんですけど。料理は全然苦になりませんね。

ーそれでは、逆に苦手な家事は?
掃除、ですかね。あまり好きじゃない。うちではトイレ掃除は共働きの時からなぜか妻の担当なんですよ。



後半へ続く!

関連する記事