妻が妊娠したら読むマンガ『踊る産科女医』




この記事のタイトルは「妻が妊娠したら読む・・・」なんてしましたが、本当はセックスが身近になる思春期以上の男は誰でも知っていないといけないような内容なんですが。

ただ世の大半の男は、セックスという行為そのものにしか興味がなく、「女性の身体の悩み」や「女性の妊娠・出産の悩み」などは

「あー、大事だよね、ちゃんと知っておかないとね、でも勉強するのは今日じゃなくていいよね」

って感じで重い腰がなかなか上がらないので、あえて男が一番アワアワするタイミングである「妻の妊娠が発覚した」段階での読書をオススメします。



この本は「女性セブン」に連載されていたマンガで、女性の身体や妊娠・出産にまつわるいろいろな知識を実際の産婦人科の女性医師が実体験のエピソードとともに語るという内容になっています。

この本を知ったきっかけはTwitterでの紹介。僕が性教育や性モラルについてツイートしていたら、@choccot さんからこの本を勧められまして即Amazonで注文しました。@choccotさん、ありがとうございます!

読んでみると、確かに主に女性向けの内容ではあるのですが、女性も知らない女性の身体・性知識と謳ってあるだけあり、男性の僕は全然知らないことばかり!



これらの知識って、妻を大事にするためになくてはならないものばかりじゃん!

この本、せめて妻が初めの子を妊娠した6年前に読みたかったよ!



ってことで、自分の不勉強反省する意味も込めて、この本を紹介します。もう既にパパになっている人も、相当自分で勉強している人でない限りは知らないことがたくさんあると思いますので、オススメですよ!



どんな内容かというと、たとえば・・・

「セックスすると、妊娠する可能性がある!」

当たり前のように聞こえて、実は皆見て見ぬふりなのがこの事実。コンドームもピルも、パイプカットですら避妊率は100%ではありません



「出産は大病院?助産院?」

よく助産院の方がアットホームなんて言われたりしますが、必ずしもそうではない!? 決め手となるのは、助産師の存在



「下から産みたい?」

“帝王切開なんて根性がない、母性が育たない”と考える人達。帝王切開は本当にラクなのか!?



「親に与えられる選択肢」

もしも自分の子が先天性の病気や障害を持っていたら? そもそもどこまでどこまで知りたい? 検査に伴う流産のリスク



「妊娠がわかったら、早めの受診」

妊婦の女性を病院がたらい回しするなんてニュースがあったが、実はあれはただ病院が薄情なわけではなく、妊娠女性にも落ち度はある。かかりつけ医が大事!



他にも

「妊娠中のは?タバコは?旅行は?」

「妊娠が発覚したら、いつ頃から周りに知らせるべき?」

「妊娠の状況は人それぞれ。『ワタシができたんだから、アナタもできる』論は通用しない」

などなど、興味深い話が満載です。

そしてまた、マンガなのでとっても読みやすい!内容はいたってマジメなのですが、医者がツッコミ、助手がボケ役で会話が面白く、テンポ良く進んでいくので全然説教じみていません。僕はマンガを読むのが遅い方なのですが、それでも1時間程で読めました。



読後、個人的に気になったのは産婦人科の勤務形態の話です。これは一概に医者が悪いという話ではないのですが、とにかく産婦人科に限らず、医者は忙しすぎ・・・

「食事もコンビニやインスタントラーメン、ろくに寝れず、風呂も入れず、休暇も取れず・・・」なんて描写があるのですが、ちゃんと寝ないで、食べないで、風呂も入らず、休んでいない医者は、患者からすると正直めちゃくちゃ不安です。ヒューマンエラーリスクの塊じゃないですか・・・ 日本の医者にはもっと時間に余裕を持たせてあげたいですね、日本の医療のためにも。出産する病院を選ぶ時は「医師の疲労度」みたいなところも注目するのもいいかもしれません。



とにかくこの本を読むと、いかに女性がセックスという行為にリスクを抱えているかが十分過ぎるくらいにわかります!

よく若い人達が

「なんで女にばっかりおごんないといけないんだよ! なんで告白は男からばかりなんだよ! 男ばっかり頑張りすぎなんだよ!」

なんて言いますけど(僕も昔は思っていましたけど)、実はいろんなところでバランスが取れているんですよね。



この本読んでホント改めて思いましたけど、まともな知識を持っている女性なら、そうそう簡単にセックスはしないですよ、リスクが大きすぎて。

「学校が性教育をすると学校がセックス行為を認めてしまうことになる、それでなにか問題があった場合・・・」なんてアホな論理で性教育に消極的な学校があるみたいですけど、全く逆です。知識がない程、セックスのリスクに対して無頓着になり、問題を起こす生徒も増えます。ちゃんと知識があれば、それだけ恋愛にも真剣になれます。

だから逆に考えれば、男がワンナイトラブの相手を見つけたいなら、頭の悪そうな子を探すといいですね。こういう知識に無頓着な感じの。「外出しすればオッケーだよー」なんて言っちゃう感じの(まあそういう相手は、性病の可能性も十分に注意しなくちゃいけませんがね・・・笑)

うちの娘達にも、あいつらが中学生位になったらこの本を読ませるつもりです。本人達が自分で自分の身を守ることができるようになるために。


関連する記事