“ハンバーガーミュージシャン”、「Sleepyhead jaimie」の結婚パーティー





結局4コマという形で、4枚描く形に落ち着きました。

ウェルカムボード作成で「何枚描く?」って聞かれるとは思わなかった・・・



 で、できたのがコチラ↓

プリントした絵をA3サイズのボードに貼って仕上げました。



(クリックで拡大)



「ハンバーガーミュージシャン」?


以前もちょっとした紹介記事書いたので、興味のある方はそちらをご覧ください。

ハンバーガーミュージシャン、Sleepyhead jaimieとは、現在ギターボーカルの「すわ」と、ベースボーカルの「ゆく」さんの夫婦ユニット。あまりにもハンバーガーが好きで、ハンバーガーの曲を書いたら「なんかこれで全国ハンバーガーショップツアーとかやりたいね」って話になって、そのまま全国ライブハウスツアーならぬ、ハンバーガーショップツアーを敢行しちゃったという、よくわからないことやってる人達です。

で、それが「面白い!」といろいろな人の目に止まり、ハンバーガー関連の人達とコラボしたりイベントやったりして、今やすっかり「ハンバーガーミュージシャン」になっちゃった、って人達です。



PVはコチラ↓





式の感想


さすがミュージシャン、人を楽しませることを生業としているだけあって、結婚式の演出はとても完成されていました。流れもスムーズだし、会場の盛り上げ方も上手いし。

Twitterのフォロワーが15万人以上いる、Twitterで有名なジャーナリスト佐々木俊尚氏が乾杯の挨拶をやったり、KANや、ウルフルズのメンバー、ジョン・Bとバンドをやっていた実績もあるヨースケ@HOMEさんらの余興もあり。いろいろレベル高いなーって感じでした。

ウェディングケーキならぬ、超特大「ウェディングバーガー」も登場し、ファーストバイトはハンバーガー、なんて演出も。最後は結婚式のために書き下ろした曲を披露し、大盛上がりの式でした。いやー、ミュージシャンの式ってのも面白いもんですね。

ライブっぽい演出だったのでとても“オーディエンス”はとても楽しめたんですけど、ライブっぽい演出をしたせいでメインボーカルの新郎がかなり目立っちゃって、新婦の印象が若干薄かったのがウケました。

「お前、普段ステージであれだけ目立ってるのに、本来女性が主役のウェディングパーティーでもお前の方が目立つのかよ!笑」って。



ハンバーガー食べる時は、コイツらの曲を聞けっ!


ちょっと小洒落たバーにはジャズがかかってるし、

インド料理屋にはダンスしまくるインドポップのPVが流れてるし、

日本の料亭には落ち着いた琴の音が鳴り響いています。

ご飯を食べる時って、その料理によって「合う音楽」ってのがあるんですよね。この音楽があるだけで、よりその世界観に入ることができて、ご飯もより美味しく感じることができます。



じゃあ、ハンバーガーに合う音楽って・・・?



もしも思いつかなかったら、今度美味しいハンバーガーを食べる時にぜひSleepyhead jaimieの曲、特にセカンドシングル『Hamburger Song』をお試しください。きっと、「合う」と思いますよ!






曲の試聴、歌詞、購入先はコチラ