写真と動画で説明する、本の電子化の流れ

本棚を捨ててみる


本棚を捨てました。




僕が漫画好きなため、うちには漫画が700冊ほどあり、その他書籍と合わせて本が1000冊程あったため、巨大な本棚がありました。それは畳一畳分くらいの大きさがあり、日本住宅の貴重な空間の一角をどーんと占拠していました。ただでさえ狭い自宅にこれが置いてあるのは、仕方ないと思いつつもどうにかしたいという思いがずっとくすぶっていまして。

そして僕にとって耐え難かったのは子供のいたずらと、犬の粗相。貴重な本をビリビリに破かれたり、犬にオシッコかけられたりしたことが今まで何度かありまして、さすがにたまらないということで本の電子化を決意しました。

本の電子化レポートはネットにゴマンとあるので今更感はありますが、まだ電子化に馴染みのない方もいるかもしれないということでこちらのブログでも紹介します。



僕が本を電子化した理由



  •  場所を作りたかった 
    日本の住宅って狭いですもんね。ちょっとでも家を広く使いたいじゃないですか。ほとんど使用しない本棚にも畳一畳分の「家賃」が発生していると思うと、なんだかもったいないような気がしません?

  • 劣化を防ぎたかった
    手塚治虫先生の貴重な漫画を裁断するのはさすがに抵抗がありましたが、子供にビリビリにされるよりはまし。あと、日焼けも酷くて本が茶色くなっていたので、モノクロスキャンで見栄えをキレイにしたかったのもあります。

  • 地震対策したかった
    巨大な本棚は地震の時、倒壊すると非常に危ないです。 倒壊するものは少ないに越したことはありません。

  • バックアップをとりたかった
    万が一津波などで家財が流されてしまった場合でも、データならネット上のサーバにバックアップが取れるので、無傷です。

  • 大量の漫画を持ち歩きたかった
    ちょっと遠出する時、僕はiPadを持って出かけるんですけど、その時にたくさん漫画が読めたらいいなって思ってまして。これなら数百冊は入りますので、かなりの暇つぶしになります。





本の電子化に必要なもの


Scansnap 1500 (約4万円)

もはや本の電子化専用の、定番中の定番スキャナ。これは必須。僕はできるだけお金はかけたくなかったので、はじめは自宅の安いスキャナでなんとか自炊できるかな? と思ってちょっとやってみたんですが、無理。電子化を頑張ってる先輩方が、ちょっと高くても専用スキャナを買っている意味がわかりました。全然違う。


iPadなどのタブレット(約5万円)

本を読むという行為だけならパソコンでもできるんですけど、本って持ち歩けないと意味無いじゃないですか。手軽さを失っちゃうととても不便なので、電子化した本をすぐに、どこでも読めるようにするためにはこれが必要。



パソコン(5〜10万円)

これは持ってないって人いないですよね。っていうか、これを持ってない人は電子化を考えないですよね。僕はMacだったのでMac対応のスキャナを買いましたが、Windows対応のものもあります。両方は試していませんが、あまり変わらないらしいです。




ロータリーカッター(約1500円)

本の背表紙を切るのに必要。巨大な断裁機を買うことも検討しましたが、場所をとるのと値段が高いので断念。でも使ってみたら、これで十分事足りました。スキャナが高いし、ほかはできるだけ節約しなきゃね・・・



普通のカッター(約100円)

本の細かい部分を切るのに必要。あまり刃が細いと負荷で折れてしまうかもしれないので、ある程度太い刃のものが良いと思います。




アルミ定規(約300円)

ロータリーカッターの刃はとても鋭いので頑丈で削れにくい、アルミ定規がオススメ。



カッターマット(約700円)

カッターの刃を傷つけないように、カッターを使う時はちゃんと下にこれを敷く。

電子化の流れ


文字で説明するより、実際見たほうが早いと思うから、写真をじゃんじゃんアップします!






 この本を電子化してみます。





まず、表紙を取ります。






僕は超お手軽な方法でやっているので、表の表紙以外はスキャンしません。背表紙、裏表紙などは全て捨てます。





はい、切った。はじめはちょっと抵抗あったけど、今はなにも感じない笑





今度は反対側の、本の本体に織り込んである部分を切ります。広げるとちょっと膨らみが残ってスキャンしづらいので、僕は折り返しのところを数ミリだけバッサリ切っちゃってます。





こんな感じね。






これで、表紙一枚だけになりました。





今度は本の本体。本のページ数のちょうど半分くらいのところを持って・・・





思いっきり開く!





真ん中のくぼみのところが切りやすくなるので、そこをカッターで切る。




真っ二つ。






本が綴じているところを、切ります。漫画の単行本だと5mm位かな? 本によって糊の厚さがちがったりするので、こればかりは切ってみないとわかりません。





丸い刃、ロータリーカッターでバッサリ。4、5往復すると切れます。こう見えて、ものすごい切れ味。間違って手を切ろうもんなら大怪我必至です。



キレイに全てのページが離れました。離れてそうで、ちょっとくっついちゃってるところがあったりするから、何度も手でパラパラやるといいです。




残りの半分も切って、こんな感じになりました。表紙と、漫画本体のみ。これでスキャン準備完了!





やっと登場、スキャナのScansnap 1500M。ほんと使いやすい、これ。



ここで、実際にスキャンしている様子を動画でご覧ください。










取り込んだ後は、Macの「プレビュー」で開く。そして「コマンド+オプション+2」を押して、左にサムネイルビューを出します。





で、ここにさっきのカラーでスキャンした表紙のファイルをドラッグ&ドロップすると・・・





表紙が追加されました! これでデータは出来上がり。次はこれをiPadに入れる為に、iTunesにコピーします。





はい、iTunesに入りました。これでiPadに同期すると、iPadにこのPDFデータが入ります。



実際にiPadで先程取り込んだ漫画を見てみます。





これで終了!!



初期投資が高いけど、十分価値有り


本の電子化は初期投資がお安くないし、自分でやろうとするとかなりの時間もかかるので誰にでもオススメ!ってものではないですが、昼間に自宅にいて、時間に融通の利くシュフにはかなり向いている作業なのではないかな、と思いました。自分のペースでできるしね。

本の電子化、量が多いと大変だけど、本がどんどん無くなっていくのは快感すら覚えます!



最後に、もしもこれを見て「本の電子化、やってみたい!」って方がいらっしゃった時の為に、僕のScansnapの設定をメモしておきますね。

僕は主に3パターンの設定を使ってます。「カラー漫画」「モノクロ漫画」「カラー表紙」です。




カラー漫画

画質:スーパーファイン

カラーモード:カラー

読み取り面:両面読み取り(継続読み取り有効)

ファイル形式:PDF(圧縮率:2、テキスト認識無し)

原稿サイズ:サイズ自動検出





モノクロ漫画

画質:スーパーファイン

カラーモード: グレー

読み取り面:両面読み取り(継続読み取り有効)

ファイル形式:PDF(圧縮率:2、テキスト認識無し)

原稿サイズ:サイズ自動検出





カラー表紙

画質:スーパーファイン

カラーモード: カラー

読み取り面:片面読み取り(継続読み取り無効)

ファイル形式:PDF(圧縮率:2、テキスト認識無し)

原稿サイズ:サイズ自動検出




電子化をやるにあたって参考にしたサイト


書籍を「裁断→スキャン」して電子書籍端末で読むメリットとデメリット

【保存版】本の電子化(自炊)ならこの記事だけ見ればOK!なまとめ ~裁断、スキャンから処分まで徹底解説~

本の置き場所をなくしてスッキリ! 今日から始める「自炊」超入門

ScanSnap1500(富士通)スキャナの設定方法

自宅にある本を電子書籍化("自炊")する方法