「OCN家計簿」で自動記入、実践編


目次

  1. 「OCN家計簿」で家計簿は自動記入!準備編
  2. あらためて考える、クレジットカードの危なさ
  3. なんでみんな使わないの?「VISAデビットカード」のススメ!その1
  4. なんでみんな使わないの? VISAデビットカードのススメ!その2
  5. 「OCN家計簿」で自動記入、実践編


5.「OCN家計簿」で自動記入、実践編




さて、「OCN家計簿」とVISAデビットカードを使って、家計簿を自動で記入する仕組みを作っちゃおう!というテーマでシリーズ物で書かせて頂いていましたが、今回が最終記事、「実践編」です!



さあOCN家計簿の使い方ですが、まずは・・・

と意気込んで見たものの、実は公式サイトのチュートリアルが分かりやすいので書く気無くしました(笑) はじめの登録作業、口座の設定などについてはこれを見れば分かりますので、どうぞこちらをご覧ください。

OCN家計簿 チュートリアル



VISAデビットカードとの連携


VISAデビットカードとの連携のみ簡単にご紹介しますと、まずチュートリアルの「銀行口座の登録」を見ながらVISAデビットの銀行口座を登録してください。例えばスルガ銀行のVISAデビットなら、そのVISAデビットに紐付いている銀行の口座、ということになります。一度登録すると、後はそのVISAデビットを使ったら自動的にOCN家計簿の方にお金を使った「日」と「金額」がポンポン入ってきます。現段階では「店名」「商品名」「分類」は自動で入らないのでこれは手入力でまとめて入力します。

理想はこういうものも全て自動で・・・というところなのですが、そこはまだ仕様として対応していないので、気長にOCN家計簿のアップデートを待ちましょう。

まあこの手入力の部分、ちょっと不便ですが、「日」と「金額」が自動で入るだけでもだいぶ楽チンです。面倒な人は「店名」や「商品名」の入力は省いて、使用目的の「分類」のみ入力すれば、クリックひとつでできるのでほとんど手間は要りません。



ムーチョ流使用方法


・あまり細かくつけない


家計簿って、こだわりだすとキリがないんですよね。始めた直後ってつい細かく分類したり、1円の誤差もなくきちんと記録したくなりがちですが、そういうのは本当に几帳面な性格の方のみがやればいいと思います。そもそも家計簿って家の支出をわかりやすく把握することなので、フクザツに記録し過ぎたら本末転倒なのです。

例えば、うちでは洗剤もトイレットペーパーも全部「食費」です。スーパーで買うものって食品と日用品が混ざることが多いので、これをいちいち分類していると大変な手間なのですよ。なのでこういった少額の消耗品に関しては全て食費として扱っています。食費も日用品も生きていく上で不可欠なものなので性質が似ている出費、まとめても問題ありません。家具や家電など高額なものは別途項目を分けて記録しています。

家計簿のつけ方はそれぞれの家でルールがあると思うので、詳しい内容に関しては夫婦で「この出費はこの項目、この出費はあの項目」と話し合ってみてください。



・各種支払いは口座引き落としに変更


VISAデビットでの支払いは「店名」「買った商品名」の情報は入りませんが、口座引き落としやクレジットカードは入ります。ただ僕はクレジットカードはオススメしないので、口座引き落としにしています。クレジットカードは商品名が入るのはいいんですが、入力されるのが2ヶ月後とかものすごいタイムラグがあるんですよ・・・2ヶ月前に買った商品のデータが今入っても意味無いじゃん!ってことが多いので、そもそもクレジットカードをオススメしないのは前回書いたとおりですが、家計簿の自動記入的にもクレカは使い勝手悪いです。口座引き落としなら水道、電気、携帯電話などの料金も前月分使ったものがすぐに支払われますし、銀行口座にも反映されますからね。

ちなみに東京電力、東京都水道局は支払いを口座引き落としにすると、若干料金が割引になりますのでそういう意味でもお得ですよ。まあ微々たるものですが笑

東京電力公式サイト 口座振替

東京都水道局公式サイト 口座振替



・クレジットカード引き落とし分は、完全に定額の支払い一件のみ


クレジットカードは全く使ってないわけではなく、クレジットヒストリーを作るために僕名義、妻名義でそれぞれ一件だけ支払いを続けるというやり方をしています。正直これがどこまでクレジットヒストリー的にどこまで効果があるのかわかりませんが、まあ継続的にお金を借りる→返すという履歴は残りますし、やらないよりはやった方がいいかな、と。支払い内容は毎月完全に定額なものをクレジット払いに指定しています(うちの場合は学資保険です)、こうすると毎月クレジットカードでいくらかかるんだろう、と調べる必要がなくなるし、家計簿的にも後から追加される項目が少なくなるので管理が楽です。



今後改善して欲しい点


・交通系電子マネーカードの対応


やはり日常的に使っている電子マネーカードが追加されて欲しいです。家の近くにイトーヨーカドーやイオンがある人はnanaco、waonに対応しているので使い勝手はいいかもしれませんが、僕の近所には無いのです・・・それにそもそも電子マネーカードって増やしたくないので、都市部なら誰しも一枚は財布に入れている交通系電子マネーカード(関東ならpasmo、suica)が対応してくれるととても便利になるのですが(モバイルsuicaには対応し始めたけど、iPhoneユーザには意味無いYO!)



・スマートフォンアプリで完全連携


現時点では「Zaim」というアプリがあって、それと連携することによってアプリからOCN家計簿に入力ができるようになります。ただ使い勝手は非常に限定的で本当に入力しか出来ないのです。OCN家計簿の情報を閲覧したりすることはできません。OCN家計簿を使っていると、「銀行残高確認」や「予算残高確認」を見ることが多いので、それがアプリで見られないのはとても不便。僕ははじめ試してみましたが、今は使っていません。是非Zaimではなく、1クリックですぐに残高が確認できる公式アプリが別途出て欲しいところです。

「1 password」というアプリ(iPhone,android対応)で銀行残高確認の確認はできますので、外出先などでちょくちょく銀行口座残高を確認したい場合はこちらが便利です。

1password for iPhone (スルガ銀行なら4桁パスワード入力から3タップで銀行残高が確認できます)

1passrod for android  (androidの方は使ったことがないので使用感はわかりません)





というわけで長いシリーズ記事でしたが、いかがでしょうか?

OCN家計簿もまだまだ改善点もあるかとは思いますが、現時点の日本のサービスの中では、「ネット家計簿」で「自動入力」をするにはベストな選択だと思っています(もしももっと他にすごいのあるよ!って方いましたら教えてください!)。



あと最後に、繰り返しになりますがVISAデビットカードはマジでオススメです! ビックリするほど無駄遣いが減りますよ。クレジットカードの支払いがキツイって感じてる方、そりゃもうイエローカードです。VISAデビットに乗り換えましょう。借金がないって、ほんと楽な気分になれますよ!