なんでみんな使わないの? VISAデビットカードのススメ!その2

目次

  1. 「OCN家計簿」で家計簿は自動記入!準備編
  2. あらためて考える、クレジットカードの危なさ
  3. なんでみんな使わないの?「VISAデビットカード」のススメ!その1
  4. なんでみんな使わないの? VISAデビットカードのススメ!その2
  5. 「OCN家計簿」で自動記入、実践編


4.使わないの? VISAデビットカードのススメ!その2



VISAデビットの注意点


店舗側で入力ミスをした場合、返金手続きに時間がかかる

これは僕も経験ありましたが、例えばなにか商品を買って、そのカード手続きを店員が間違って2回やってしまうとしますよね。そうすると、直後に店員が取り消しをしても、銀行からは間違った分の金額まで引き落とされてしまうのです。もちろんそのままって訳ではなく、ちゃんと後で戻ってくるのですが、それが一ヶ月後だったりと非常に遅い

まあ滅多に発生することはないのであまり気にすることはないとは思いますが。即時決済が売りなVISAデビット、即時決済過ぎて逆に不便な部分です。



携帯電話など定期的な支払いには使用できない

携帯電話の支払いは、クレジットカードではできますがVISAデビットカードではできません。他にもインターネット料金など、定期的に支払うものには使えなかったりするので使用する前にご確認ください(これ、昔は使えたんですよ。多分未払いが多過ぎて対応できなくなったんですねえ・・・)。

僕は携帯電話やインターネット、電気や水道は全てクレジットカードではなく「口座引き落とし」にしています。



エンボスが必要なタイプの機械では使えない

これは今の日本ではほとんど関係ない話かと思いますが、一応。クレジットカードはエンボスがありますよね。数字が浮き上がってる、アレです。

VISAデビットはエンボスがありません。マッタイラです。昔のクレジットカードは「ガッチャン」ってやるタイプの機械がありまして、そのタイプだとVISAデビットは使えないです。まあ、日本だともうほとんどお目にかからないのではないかと(僕は海外以外では見たことありません)。



クレジットヒストリーがつかない(?)

これは金融関係に詳しくない僕の勝手な想像なので話半分で聞いてもらいたいのですが、多分VISAデビットカードはクレジットヒストリーがつきません。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの支払いがきちんとできているかという履歴のこと。延滞をしょっちゅうしたりしているとクレジットヒストリーが悪くなり、新しいカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりします。VISAデビットは「借りて、返す」ということを行なっていないので、多分このヒストリーがつきません。

アメリカなんかだと、金持ちであっても現金決済をしているとクレジットヒストリーが溜まらないのであえてクレジットカードを使って信用を得るという発想がありますが、日本でも最近はこのクレジットヒストリーの注目度が上がりつつあるようです。なので、僕も今ほぼ全てをVISAデビット決済にしていますが、

定期的で全く支払い金額が変わらないものを1つだけクレジットカードで決済する

ようにしています。そうすれば計算するのも面倒じゃないし、クレジットヒストリーもちゃんとキレイに溜まっていく、ということになります。



いろいろあるVISAデビット、どれがオススメ?


現在日本では「スルガ銀行」「りそな銀行」「楽天銀行」の3つの銀行がVISAデビットカードを取り扱っています(ジャパンネット銀行にも似たようなサービスがありますが内容がちょっと違うので説明は割愛)

では、どれがいいのか?

もう長文読むのはダルいから結論だけ教えろって人が多いと思うので、ザックリいいます。



とりあえずスルガにしておけ!



スルガのメリット

  1. 年会費が無料(楽天は年会費1000円、りそなは初年度無料、次年度から1000円)

  2. ATM手数料が一番安い(楽天は論外、りそなも高い)

  3. 家族カードが作れる(楽天、りそなは作れない)

  4. 使用額に応じてポイントが貯まるのではなく、現金そのままキャッシュバック(年1回0.2%、楽天は楽天ポイント、りそなはJALマイル)

年会費、ATM手数料は言わずもがな、安い方がいいに決まってます。節約するのに運用コストが増えたら意味ないですもんね。

家族カードが作れる、というのは家計をやり繰りする立場からすると便利です。夫と妻の両方がカードを持ち、家のものを買う時は家族カードを使うというようにしていれば、夫婦間での清算の手間も無くなります。また、利用したことが即座に相手に伝わるし、金額もわかってしまうので下手なちょろまかしもできなくなります 笑

使用額に応じてポイントではなく現金でのキャッシュバックというのは意見が分かれるところかもしれませんが、個人的には好きです。キャッシュバックはポイントを現金相当の価値で換算した場合、金額的には少なくはなります。でもポイントって各社が出していて、管理したり気にしたりすること自体がわずらわしいんですよね。現金で戻ってくるのが一番いいです。

もっと具体的に調べたい、という人は各銀行のホームページをご覧ください。

スルガ銀行

りそな銀行

楽天銀行

ただ、ひとつだけ注意が必要なのが、スルガは審査が厳しいということです(VISAデビットなのにね・・・)。まあ普通にちゃんと毎月クレジットカードの支払いをしていれば、まず問題ないと思いますが。 クレジットヒストリーに自信の無い方はとりあえず申し込んでみて、ダメなら甘めとウワサの「りそな」にしたらいいと思います。



さて、これでキャッシュレス決済に最適なVISAデビットカードを手に入れたわけです! これでやっと家計簿の自動記入に必要なキャッシュレス決済の準備完了!



次回は、「OCN家計簿で自動記入、実践編」です!