避難時の持ち物



地震から一ヶ月が経ちました。
東日本大震災にてお亡くなりになった方々やご遺族には心よりお悔やみ申し上げます。




僕らができることは、残った人達で前を向いて強く生きること、あの災害の教訓を活かし、同じような災害があっても、できるだけ被害を最小限にとどめ、自分そして自分の周りの人達を守ることだと思います。

というわけで昨日はムーチョ家で

「もしも関東に直下型大地震が起こり、地震から30分後に大津波が来たら!?」

というのを想定して、各自なにを持って、どう動くのか、シミュレーションしてみました。

以下、メモをまとめたので、参考までにご覧ください。

----------------------------------
避難する前に持って出るもの

ヨメ(16kg)
タマ(3才)
ブーをおんぶひもで背負う
ケータイ
財布

ムーチョ(23kg)
避難用バッグ(※1)
着替えバッグ(※2)
ケータイ
財布
バックアップ用ハードディスク
iPad
ハンディカム


【(※1)避難用バッグの内容物】

寝具・防寒
☆体育館などの避難所でもテントは必要
テント × 1
寝袋 × 1
簡易寝袋 × 2
空気マット × 1
ブルーシート(1.8m2)× 1

雑貨
☆鍵は避難所での盗難防止用
ロープ × 1
防塵マスク × 2
救急セット × 2
災害マップ × 1
ホイッスル × 2
削り機要らない鉛筆 × 1
油性サインペン × 2
ボールペン × 1
メモ帳 × 1
5徳ナイフ × 1
バッグ用鍵 × 1
ロウソク × 2
ライター × 1
ホッカイロ × 10

衛生用品
ティッシュボックス × 1
トイレットペーパー × 1
おむつ × 4
おしりふき × 1
携帯用トイレ × 3
生理用品 × 1
手洗い用消毒液 × 1
歯ブラシ × 4
マスク × 10
爪切り × 1
耳栓 × 1
水の要らないシャンプー × 1

携帯電話・ラジオ
☆万が一水に浸かっても大丈夫なようにジッパーパックに入れる
ソーラー電波腕時計 × 1
iPad、iPhone対応USBソーラー充電パネル × 1
ラジオ付懐中電灯 × 1
ラジオ付ダイナモ充電式懐中電灯 × 1
懐中電灯(単3×2) × 1
懐中電灯(単2×2) × 1
ダイナモ携帯充電器 × 1
予備用携帯電話 × 1
予備用携帯電話充電コード × 1
単2電池 × 2
単4電池 × 11


☆ゴミ、仕分け、給水に
給水袋 4l × 1
給水袋 10l × 1
レジ袋 × 5
45lゴミ袋 × 5

食料
☆2、3日分用意。水5l、食べ物10000cal分
乾パン(約500cal) × 4
水 2lペットボトル × 1
水 500mlペットボトル × 6
チョコレートバー × 4
袋ラーメン × 4
ビタミン剤 × 1
缶詰 × 4

食器
☆サランラップを食器に巻き、できるだけ汚さない
クイックコンロ × 1
銀皿など使い捨て食器セット × 3
スプーン・フォーク・コップ・ミニ皿 × 3
ナイフ・缶切り × 1
サランラップ × 1

【(※2)衣服バッグの内容物】
☆ジップロックで仕分けし、防水&圧縮
軍手・厚手靴下 × 2
一日分の服 × 1
予備用メガネ × 1
スリッパ × 1
空気枕 × 1
毛布 × 1

(いくつかはまだ手に入れていないものもあります)
----------------------------------

以前に役所からもらった防災袋を全部開けて、いくつかの防災関連サイトを見て、自分なりに改めてまとめてみました。
これだけ見るとかなり多いですね笑

でも、バッグに全部つめると、こんな感じです。

s-写真

結構コンパクトにまとまりました。

ちなみに豪雨の中逃げたり、物資が水に浸かることを想定して、中のものはジップロックで小分けにしてあります。服も濡れたらすぐにはかわきませんし、電子機器系なんて一発でアウトですからね。ジップロックは空気を抜けば圧縮効果もあるので、スペースの有効利用にも役立ちます。


関連する記事