地震被災者に対する寄付金の額



というわけで、募金しました。




うちは「Yahoo!基金」を経由し、募金。
募金サイトはこちら↓

緊急災害募金 - 2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」などの被害に対しての義援金による支援

この募金は現在の募金総額と募金者数がわかるのが特徴。その額の大きさにビックリさせられます。

募金サイトは他にもたくさんあるので、募金に興味のある方は、ご自分の環境にあったサイトから募金するのがいいと思います。
googleのまとめサイトを載せておきます。

募金情報まとめ - 平成23年東北地方太平洋沖地震

ちなみに募金に関する考え方はいろいろあり、糸井重里さんなんかはじぶんひとりを3日雇えるくらいのお金」程度の、まとまった額を送付する方がいいのでは、というようなことも言っています。

これはこれで一理あると思いますが、今は募金システムもネット上のシステムで全て自動化されているところも多く、全てネット上で決済できるので小額募金でも経費の方が上回るということは少ないんじゃないか、と素人意見ながら思うのですが。
もしも小額募金が効率悪いのであれば、募金を募集する側が最低募金額を設定すればいいだけの話ですし。

というわけで、僕は小額でもいいので、募金は積極的にすべきだと考えています。あまりに大きな額を寄付してしまって、自分自身の生活に支障が出たら元の子も無いですからね。それぞれができる範囲の額を募金すればいいと思います。

ちなみにこういう考えの方もいらっしゃいます、参考までに。

漫画家・赤松健 「私は、『応援のための絵』とか苦手なので、募金の額で貢献したいと思います」

あと、日本人の価値観として、「募金した」とか「ボランティアした」ということをアピールすることは恥ずかしいこと、というのがありますよね。

こないだのタイガーマスクもそうですが、募金先、寄付先に本名を隠して「足長おじさん」のように匿名で金や物を送るのが日本人の感覚として「かっこいい」「粋」と感じられるみたいですが、これは場合によりけりで、あまり本名を隠したり、募金したという事実を隠すことに固執することはないと思います。

お金を送られる側も、感謝する相手がはっきりしている方が気持ち良いと思いますし(僕ならそう思います)、また変な団体から送られてきていない、いかがわしい金じゃないと安心できます。

それに、「募金した」ということを家族や友人、同僚に伝えることによって、「そうかー、こんな近い人がやってるなら、じゃあ私もやろうかな」と、行動が伝播する可能性もあるわけです。隠してたらそれこそ自己満足で終わってしまいますよね。寄付というのは社会的な行為でもあるわけで、その寄付行為自体が寄付先だけでなく、寄付者の周りの人達を応援することにも繋がるわけです。どうせ寄付するなら、周りの人も巻き込んじゃいましょう。

様々な事情があり、寄付元を隠し、匿名で送ることは否定はしませんが、もしも必然性がなければ、できるだけ寄付元は明確にしておく方がいいかと。

そして寄付したら、「寄付したよ」と日常会話の中で周りにアピールし、お互い賞賛し合えばいいのではないかと。

というわけで、カタルエでもアピールしてみました。

さー、皆、恥ずかしがらずに、じゃんじゃん寄付しよう!

それからこの記事を読んで寄付しようと思った人、この記事に「寄付したよ!」とコメントしてくれると大変嬉しいです!