料理の悩み





最近の悩み、、、twitterでもブツブツいってたけどね、

「料理ができねえええええええ!!」

なんなん!?

なにが楽しいの?料理!?

みんな仙豆食ってりゃいいじゃんよ!

、、、すいません。でもほんと料理にイマイチ面白さを感じず、家事でこれだけが唯一プランどおりに進まず、悩んでいる毎日です。

なんというか、できないわけじゃないんです。
そりゃ一応やってたし、レシピ見ればなんとなくそれらしきモノはできるので。

ただ、興味が持てない、、、

なぜ?普通に楽しめばいいのに?

理由を僕なりに考えてみました。

1.自分自身があまり食べたいものがない

これは僕の「匂いを感じにくい」鼻のコンディションのせいも多少あるかもしれませんが、結構「なんでもいい」んです。男にはこういう考えの人も多いかもしれません。出されたものは美味しく食べる。食べ物に好き嫌いがない分、こだわりとか、美味しいものを食べたい!という強い思いがないんでしょうね。

栄養のバランスを考えないといけないので、ちゃんといろいろなものを食べないと、というのはあるのですが、もしも「栄養満点、これさえ食べれば100%OK」って料理があるのなら、毎食一品モノ、それこそ3日くらいはずっとカレーとかでもいけます。


2.作っても賞賛してくれる人がいない


今、夜ご飯を作っても、一番先に食べてくれるのは1才児と3才児です。3才の方は最近よくなりましたが、1才の方なんてせっかく頑張って作った料理を手で掴んで床にポイ、ですからね。テンション下がります。

女性って、結婚前に彼氏に料理作ったり、同棲や新婚子無し時代に旦那さんに料理作ったりして、「褒められる」機会がいろいろある気がします。(うちもそうでした、めっちゃヨメの料理を褒めてました、結果に関わらず)。
こういう機会を通してどんどん料理に対して慣れてきて、モチベーションも維持して、上達に向かっていくのだと思います。

逆に男でそういう機会持ってる人ってほとんどいないような気がします。頑張って作って、褒めてもらえる人がいないってのはちょっと寂しいです。あ、ヨメはあまり褒めるのが上手い人ではないし、そもそも帰りが遅かったりすると一緒に食べられないので、なかなかいいタイミングがありません。

3.ヨメの方がずっと上手いからなんか面白くない

ヨメは片付けをあまりしない人なんです。だから、僕がやらないとうちはいつまで経ってもキレイにならない(ヨメに言わせると、「ムーチョはキレイ好き過ぎる」らしいですけど)。日曜大工などもそう。だから僕しかできないことは「頼りにされてる」感があるし、それに対して頑張ろうという気持ちもわきます。

でも、料理はヨメの方がずっと上手い。僕が冷蔵庫を開けて、
「全然食材ないわ、今日は弁当でも買いにいくか」
というような時でも、そのあり合わせの食材でチャッチャーといろいろ作ってしまいます。

だから、
「僕が頑張っても、どうせヨメの方が上手いし。」
って発想になって、あまりやる気が起きないってのもあるかと思います。なんかプライドが傷つけられる、的な(いや、こう思っちゃうチンケな野郎なんです、すいません)。

しかし!

ゴタクばかり並べていても解決はしないので、いろいろ動いてみることにしました。

とりあえず、

「料理教室に通う!」

これを始めてみようかと思います。



関連する記事