主夫は勝ち組!?



男友達からしょっちゅう言われます、これ。

「じゃあお前もなればいいじゃん」

というと、「いやー、俺はね、、、」とこれまたいつも同じ答えが返ってくるので本当はあんまりなりたくないんじゃないかと。
そこまでなりたいなら目指せばいいだけのことなんですけどね。

そもそも「シュフ、うらやましいー」と思う気持ちの背景には

「専業主夫(主婦)の方が仕事よりラク」

というイメージがあるからこそだと思うのですが、これは大きな間違いです。性質は大きく違いますが、仕事と同じくらい厄介な役割です。いやマジで。

「でも金稼がなくていいってのは気楽だよなー
やっぱり金稼ぐってのは大変なことだしさ」

こう言う人も多いです。
まあ確かにそうなんですけど、お金を稼がない系のミッションを持っている人も大変なんですよね。

「稼いでる人=大変、エラい」
「稼いでない人=気楽、エラくない」

って発想は、企業で例えると、

「営業=エラい」
「経理・総務・品質管理=エラくない」

って言っているようなものです。利益に直結しなくても、重要で大変な仕事ってのはどんな組織にもあるわけで。

では主夫、主婦は勝ち組なのか?
勝ち、負けって話をするなら、それは本人の希望次第
会社員になりたくてなった人は勝ち組だろうし、
主婦でもなりたくなくてなった人は負け組でしょう。

僕ですか?
僕は

「主夫、なりたいよぉー、結構ボクって得意な方だとおもうんだよねぇ~

なんて言いつつ、実は全然なるつもりはなかったのに、ならざるを得ない状況になってしまい、仕方なくなってしまった完全な負け組ですねw

でも最近ちょっとずつシュフの仕事、好きになり始めてます。
がんばります。

関連する記事