主夫になったきっかけ





働くというのは義務であると同時に権利でもあり。

僕はなにがなんでも働きたかった。
男はなんだかんだいって働くものだと思っていたし、
仕事自体も好きだった。

でも僕の“仕事好き”は家族には迷惑だったらしい。
仕事のせいで僕の病気は治るどころか悪化し、
その治療代、僕が家で元気じゃないことによる
家族への経済的、精神的な負担は計り知れないものとなっていた。

何度挫折しても諦めきれず、結局この6年間で
正社員で3社、派遣は短いものを含めると4社渡り歩いた。

このままだと家族が崩壊してしまう。
ヨメも2人の子供を抱え、笑顔のない毎日を送っている。
「男は仕事をするもの」
というプライドはそこまでして守るべきものなのか。

僕にとって一番大事なものはなんなんだろう。

そして、僕は専業主夫になった。

関連する記事