Bスポット(クロールチンク塗布)治療を受けてみた その1




Bスポット治療ってのを受けてきた。



いきなりなんのこと?と思われるかもしれない。順を追って話そう。

僕がずっと患っている「自律神経失調症」、これはめまいや過呼吸、倦怠感などよくわからない症状が出る病気。というか、厳密には病気とも呼べず、医者にいっても「問題ない」と言われる不思議な“状態”。

医者が問題ないと言っているのだから大丈夫なはずなんだけど、、、と周りもよくわからない、理解できないし、本人すらも「なんとなく苦しいけど、僕自身が怠けてるからなのかな」と思わせてしまう難病。



そんなんだから、原因はもちろん不明。もしかしたら、あるのかもしれないが、見つけるのは困難。例えば症状のひとつである“肩こり”なんてのは、知っている人も多いと思うが、目の疲れからくる場合、アゴのかみ合わせからくる場合、姿勢が悪いことによる骨のゆがみからくる場合、ストレスによる精神的な原因の場合と、多岐に渡る。体はそのすべてが繋がっている為、必ずしも「痛いところを治す」だけでは根本的な治療にはならないことが多いのだ。



僕はこの原因不明の病気の原因を、ずっと探している。ひとつずつつぶしていくのだが、なかなか「これが答え!」というものが見つからない。

最近はもう半ば諦め状態だったのだが、最近ネットで新しい情報を発見。

それがこのBスポット治療、クロールチンク塗布治療と呼ばれるものだ。まずは下記病院サイトの説明を見てほしい。



★千葉県八千代台駅にある田井耳鼻咽喉科サイトのBスポットに関する説明。鼻と喉の間にある鼻咽腔、Bスポットを刺激することにより、鼻や喉のみならずめまい、肩こりなどにも効果があるとのこと。

田井耳鼻咽喉科

(追記:ここは僕後日いきましたが、最悪でした。オススメしません・・・)


★東京都福生市JR青梅線牛浜駅にある大野耳鼻咽喉科サイトの説明。ここでも上咽頭炎(鼻咽腔炎)とめまい、頭痛との関係について書いてある。

大野耳鼻咽喉科



★長崎県長崎市にある、ささの耳鼻咽喉科サイトの説明。絵付きでわかりやすい。

ささの耳鼻咽喉科



★今はもう閉院してしまったが滋賀県にあった浅嶋耳鼻咽喉科のBスポットに関する説明。自律神経失調症にも効果がある、とのこと。

浅嶋耳鼻咽喉科



なんとなくイメージはつかめただろうか。要は

「ノドの奥に塩化亜鉛ってものを塗るといろいろ治るよ!」

って話だ。病院以外にもこんな情報もあった。



★日経BPの2005年の記事。全て読むには有料だが、頭痛と鼻咽腔の関係について説明がある。

頭痛の陰に「鼻咽腔炎」塩化亜鉛の塗付で劇的に改善する例も



この治療法は、東京医科歯科大学の堀口先生という方が発見したらしい。その説明が書いてあるサイトがあったのでそこも紹介。



★なんと不登校はこの治療で治る!?トンデモな話だが、記事をよく読むとその関係がちょっとは理解できる。

不登校と鼻咽腔クロールチンク塗布療法



なんだかいかがわしい感が否めないこの治療法だが、僕のように長年西洋医学的な治療がうまくいかず苦しみ続けている人にとっては、もう科学的根拠とかどうでもよくなってくる。

「とりあえず治ればいいから!」

って気分になる。さすがに祈祷や宗教に手を出すのは気が引けるが、この治療は今でも数は少ないにしろ医師免許を持った耳鼻科の医者がれっきとした治療として行っているもの。試してみる価値はある。





ということで、早速近所の病院を探して、Bスポット治療を受けてみた。



Bスポット(クロールチンク塗布)治療を受けてみた その2

関連する記事