4コマレシピシリーズ『酢トマト』





※元ネタは『R25』。結構有名なマッチングらしいですね。




オレはシュフになって料理をするようになりましたが、
これがはじめは結構四苦八苦でした。

“フライパンでなにかを焼くときは油をしくのか!”

“みじん切りする時ははじめに切り込みを入れておくのか!”

、、、ええ、先輩シュフの方々からすれば
「なに当たり前のこといってんの?」という感じでしょう。
恥ずかしいですが、オレはこんなところからスタートしました。

そもそも男って料理しないじゃないですか。一般的に。
そりゃする人もゴマンといますが、少なくともオレの周りには
趣味が「料理」とか「お菓子作り」とか答えるヤツはいません。

「料理なんて、やってみたら意外と簡単なもんだよ」

とヨメに言われました。
確かにやってみると、はじめこそ大変でしたが、意外とすぐに慣れました。
あーなんだ、こんなもんなのか、って感じです。

男が料理をしない、それは例えば、男性が女性に

「パソコンを自作で組むのなんて、やってみたら意外と簡単なもんだよ」

とか、

「車のメンテナンスなんて、やってみたら意外と簡単なもんだよ」

といっているのに似ていると思います。
簡単、難しいに関わらず、“はじめの一歩”が踏み出せないんですよね。
知っていれば絶対にいろいろトクなのに
興味がない、今までやったことがないという理由で躊躇してしまう。
もったいないです。

そこで、オレも全然知らない状態から一歩踏み出した一人として
“男の料理のススメ”を提案したいと思います。

数ある料理本を見ましたが、
いくら「簡単」とか「お手軽」とか銘打っていても
なんかこういう本って男にとって入りづらいんですよ。

なんかオンナオンナしている文章や色使いも読みづらいし
そもそもレシピに書いてある内容がわからないです。

大さじって書いてあるけど、スプーンの大きさはモノによって違うじゃん!?
だし汁ってどこに売ってるんだよ!?

ピーラーってなんだよ?そもそもどこに何があるのかよくわかんねえよ!!

・・・とまあこんな感じで、基礎知識が違うんですよね。
女には当たり前のようなことが、男にはわからない。そんなレベルなんですよ。

そんな男にでもわかる位簡単なレシピ。

同じ「できない男」のオレでもできるレシピから料理に入っていけば、
いろんな男が「はじめの一歩」を踏み出せるんじゃないかなと思いました。

誰にでもできる!

料理した気分になれるし、彼女や妻からもちょっと見直されるかも!

ヘルシーだし、酒のつまみにもなる!

こんなコンセプトで、これからシリーズで紹介していきたいです。



関連する記事