男がシュフに向いている理由 その2






男がシュフに向いている理由 その2 『男は一人でストレス発散できる』



シュフ業の大変なことのひとつに、「孤独」があると思います。

会社にいっていれば嫌でも多くの人と顔を合わせるのに対して、専業シュフは自分から外に出ようと積極的に努力しなければ、日中は誰とも会話をすることがありません(子供が小さいと特に)。会話でストレスを発散するのが得意な女性にとって、会話ができないのは非常に辛いこと。



でも、男は結構一人でも楽しめます。誰とも会話しなくても、一人で自分の趣味に没頭していればそれでストレスが発散できる人が多い気がします。独身男の週末って、独身女に比べて結構一人で過ごしている人、多い印象ありませんか?それは一人でも特に寂しくもならないし、それなりに楽しめるからなんですよね。オレなんかはオタクな性格が強いので、ゲームをやったり、ネットをやったりしてればそれで十分です。



ちょっと前に「おひとりさま」って言葉が流行りましたよね。女性が一人でレストランにいったり、映画を観たりするのを楽しもう!っていう。あれ、男は当たり前のようにやってるんですよね。男にこれに対応する言葉が無いってのは、男は一人でいるのが当たり前だっていう社会的認知があるんだと思います。



(参考:おひとりさま向上委員会



そんなわけで、男は一人の時間の過ごし方はそもそも得意なんだと思います。孤独に耐性があること、これはシュフ業を行うにおいてかなり大きなメリットになるのではないでしょうか。



もちろん男でも寂しがり屋の人もいるでしょうし、女でも孤独大好きって人もいると思います。あくまでも一般的な印象として聞いていただければと思います。







さーてと、タマも寝てることだしまたレベル上げに励むかな、、、