スプリンガルド オモシロス







『うしおととら』や『からくりサーカス』で有名な漫画家、藤田和日郎の新作『黒博物館 スプリンガルド』が面白いです。



オレは「うしとら」で号泣してたクチなので、この人のマンガは相当贔屓目なわけですが、それを抜きにしてもかなり読ませるマンガじゃないでしょうか。



相変わらずの伏線演出もイイ。

『からくりサーカス』の時は伏線張りまくりすぎ感があって



「これどうやって収集つけんだよ、、、」



って読んでて不安になりましたが、これは一巻もので読みきりだからそんな心配も無用。この人は長編よりも短編の方が向いてるんじゃないかって思った位。



おぞましいモノや女の裸の描写はもうお約束なんですかね。

あとこの人の描くコロコロした女性の表情もイイです。マジで惚れそうです。





あー。



静かな部屋で、良いマンガを読み終えた時って、本当に充実した気分になりますね。

良い週末でした。