新しい宗教、「お風呂教」を始めます





突然ですが、宗教を始めたいと思います。

日本では多神教の風土と、数々のカルト宗教関連の事件のせいで宗教という言葉がもうタブーのような扱いを受けていますが、良い宗教や信仰心は人に幸せをもたらすものです。ここでオレが日本人好みの、宗教の悪い部分を全部取り払った新しい宗教を提案します。

その名も「お風呂教」。お風呂敷じゃないですよ。オフロキョウです。

この宗教は至ってシンプル、約束事である

「一日30分お風呂に入る」

だけです。他は全くなんの縛りもありません。

目的は、強いていえば、「一日の疲れを落とす」こと。
この宗教のたった一つの約束事を守るだけで、じわじわと幸せになります。

教祖はいません。教えることはなにもないので。
カリスマもいません。

本部や教会などの施設の類もありません。必要ないので。
活動場所は自宅の風呂、近所の銭湯、旅行先の温泉などです。

皆で集まって歌を歌う事もないし、偶像に向かって頭を下げることもありません。
基本的に1人で活動するだけなので、政治活動などに参加することもありません。

団体として活動することがないから活動資金は一切要りません。
だから寄附やお布施の類もありません。

一日30分風呂に入るとありますが、解釈は自由です。
ゆっくり肩まで浸かるのはもちろん、半身浴でもいいし、シャワーだけでもいいです。マッサージなどもありです。
とにかく30分は風呂に入り、疲れと汚れを落としてください
(様々な理由で風呂に入れない方、温かいタオルで体を拭く、なんていかがでしょう)。

人に広めたければ広めればいいし、広めたくなければ広める必要はありません。
勧誘は自由意思で行ってください。なんの使命もノルマもありません。
天罰が下るとか、地獄に落ちるとか、そういった脅しもありません。

この宗教は人を幸せにするために作られましたが、いきなり不治の病が治ったり、
金持ちになったり、モテたり、宙に浮いたり、誰かを呪い殺したりといった
“奇跡”は起こせません。
奇跡が見たい人は他の宗教を当たってください。

死後の世界だとか、人が生きる目的だとか、何故苦しむかとか、
そういった哲学めいた思想の押し付けは一切行いません。
当然聖書や教典などもありません。
風呂にでも入って自分で考えてください。

いかがでしょうか。
まあそもそも、思想もない、安全な環境も与えないし、
なにかのグループに所属しているという安心感も与えないし、
なんの社会的地位も与えないし、精神的な支えにもならないし、
全く依存できないので果たしてこれが宗教と定義されるかどうかは
疑問なところですが。

思想って必ずぶつかるものだと思います。
大きいレベルでは国家間や宗教間、小さいレベルでは夫婦喧嘩。
この世に人間が2人以上いる限り、絶対に戦いは終わらないんです。
思想は答えじゃないような気がします。

じゃあとりあえずみんな戦いは止めなくていいからちょっと休戦しようよ
手軽に風呂でも入って、毎日ゆっくりする時間を作ろうよってことです。

中東の人も、北朝鮮の人も、アメリカの人も、
みんな毎日30分あったかいお風呂に浸かってゆっくりしたら、
ちょっとずつ世界が平和になるような気がするのはオレだけでしょうか。

関連する記事