2004年最終年忘れ企画 『スーパー・サイズ・ミー』

2004年3月からカタルエを始めて以来いろいろな企画をやってきましたが皆さんお楽しみ頂けたでしょうか。それでは今年最後の企画をお送り致します。名づけて、


「スーパー・サイズ・ミー」 


タイトルはもちろん映画「スーパー・サイズ・ミー」からとったものです。この映画は一ヶ月間ファーストフードを食べ続けると人間どうなるのか、ということを実際に実験したドキュメンタリーです。この映画を愚友ニンが何故か(何故だろう)持っていたのでその他の愚友どもを集めてみんなでムーチョ宅で仲良く観ることにしました。映画のメッセージとしては、当たり前ですが、ファーストフードを食べ続けると致命的に健康を害するというものなのですが(詳しくはホームページ参照)

ただ観るだけじゃつまらないので、映画中の食事として 













ハンバーガー100個買ってきました。






うちらにとってはもちろん初めての体験なのですが実はこの「ハンバーガー100個企画」って、ネットで検索すると結構やっている人いるんですよね。ただ『スーパー・サイズ・ミー』を観ながら、、、というのは日本初ではないでしょうか。まあまだ映画館でしかやってないし、、、

今回の参加メンバーは7人、全員幼少の頃からマクドナルドの洗脳CMを浴び続けてきたファーストフード大好き男です。まず、近所のマックまで買いにいきました。 

マックの店員「こんにちは、ご注文はお決まりでしょうかー」

オレら「はい、ハンバーガー100個とポテトL5個ください」

店員「はい、少し時間がかかりますので少々お待ちください」


なんと、店員は顔色一つ変えず対応。やはりハンバーガー100個ってもう全然珍しくないのか!?
、、、と思いきや。

店員「3100円になります」

オレら「えっ?安すぎないですか、、、?」

店員「ハンバーガー8個とポテトL5個ですと、、、」


どうやら100個と8個を間違えたらしい。


オレら「いや、8個じゃなくて100個です」

店員「えっ、、、少々お待ちください」


うーん、いいリアクションだ。こういうのを待っていた。予想通り、スーパバイザーのような上の人が変わりに対応する。 


上の人「お客様、30分ほど時間がかかってしまいますが、、、」

オレら「ええ、全然構いません」


やはり少し戸惑いの色がうかがえた。そうそう、やっぱりこうでなくっちゃ。


証拠のレシート。個数100で入力できないらしいので50個ずつに分けている。


その後、オレらはハンバーガー100個が入った袋を皆で手分けしてムーチョ宅へ戻る。部屋で早速並べてみるが、すぐにハンバーガーとポテトの油の匂いが部屋に充満する。


「うわーマックくせー」

「とりあえずノルマ一人10個な。で、余ったのは後で考えよう」

「腹減った、早く映画みようよ」


映画とハンバーガー食いを同時スタート。食べ始めは10個くらい余裕、と皆思っていたのだが、、、


「うー、4つ目終わり。ちょっと休む、、、」

「5個いった。すごいムカムカする、、、」

「ビール飲めないよ、マジで気持ち悪い」


参加者全員、4、5個目で難色を示す。映画では淡々とファーストフードを食い続ける男の絵が映され、その合間にいかにファーストフードが体に悪いかの医者や栄養士のインタビューなどが流れる。


「オレマジでこの映画の人の気持ちわかるわ」

「(映画の中の男を見て)ああゲロ吐きやがったこいつ、、、えぐい、、、」

「ゴミ食ってる気分だよ、今ならフツーに吐ける」

「6個が限界。なんで忘年会でこんなことしてんのオレら。意味わかんねー」


映画ではひたすらハンバーガー、ポテト、ソフトドリンクを食べる男、そして糖尿病の手術の様子や子供に及ぼす悪影響の情報などが流れる。 


最後の方はほとんど誰もしゃべらず、映画は終了。
メンバー全員が限界まで食って、残ったハンバーガーは、、、 






54個




「なんか全然減ってないな、、、」

「どうするコレ、、、?ホームレスにでも配るか?」

「いや、窓から車に向かって投げようよ」

「バカかお前、食い物で遊ぶな!スマトラの人達から呪われるぞ」

「偽善ぶるなよ、じゃあお前ボランティアいってこいよ」

「いや待て、やはりここは買ったからにはちゃんと食おう。こういうのはどうだ?今から桃鉄やって、負けたやつが食う」


そして桃鉄大会スタート。ゲームやりながら時間が経ち、再び食べ始める輩も出てくる。そしてなんとか残り40個代まで減る。


「だめだ、もう無理だ」

「明日の朝飯だな」

「しょうがない、各自持って帰ろう。帰り道捨てるなよ」

「みんな心の底では『絶対食わない』って思ってるでしょ」

「それは言うな、、、」



こうして年末のハンバーガー企画は幕を閉じる。皆が去った後、オレの部屋に残ったものは10数個のハンバーガーと散乱した大量のゴミ。未だに部屋はハンバーガーの匂いがする。 




次の日は、3食ハンバーガーでした。
2005年は(というか一生)マック食べたくありません。