愚友ニン



こんにちは、ここ数日体調不良でカタルエをお休みしていましたムーチョです。


復活したからといって大したネタや小話があるわけではありません。むしろテキストにして読んでもらうのが申し訳ない位つまらない数日を過ごしておりました。起きて、食って、カメを眺めて、寝てました。やっと快方に向かってきましたので、また初心に戻り、「テキトー」に更新を続けたいと思います。 

ここ数日で起こったこと、そうですね、この日記でもちょくちょく出現している「愚友ニン」が、いきなり 


「オレ、警察官になる」 


と言い出したことでしょうか。彼は現在大学六年生、就職留年するも職がみつからず、この五月下旬というもう内定が結構出ている時期に面接の予定すらなくだるだるな日々をすごしておりました。そこに、突然この台詞です。とりあえず大爆笑しておいたんですが、一応その決断の理由を聞きました。 


「社会の為に何かしたいんだよ。今の社会は狂ってる」 


また大爆笑です。言ってる事はまともですがベタすぎです。しかも「お前がいうかソレ」という感じです。今まで「法や社会正義なんてクソだ」的発言を繰り返ししていたのに、それはないでしょう。 しかし、どういう風の吹き回しなんでしょうね。わかった、じゃあもし万が一なれたとして、どんな警察官になりたいの?と聞いたら、 


「制服を着たままパチンコとかいきたい」 


はい、微妙に質問の答えになっていませんが、彼の情報源がわかりました。『こち亀』ですね。

一時『動物のお医者さん』というマンガが流行り、獣医学部が大人気になったという事がありましたが、『動物のお医者さん』に影響されるのと、『こち亀』に影響されるのとではワケがちがいます。『こち亀』の両さんは、ダメ警官です。

しかしやはり似たものに惹かれるのでしょうか、ニンはむやみに偏った知識がある、規則を重んじない、金に弱いなど両さんになる素質を結構持っています。似ていないところは筋力、体力のないところでしょうか。彼が警官になったら、「ひょろひょろ両さん」になることでしょう。 

まあ本人がなるといっているのですから、オレはその意思を尊重としたいと思います(もう参考書とかいっぱしに買ってやがります)。ただひとつ言えることは、採用試験でニンを受からせてしまうような警察なら、日本の警察は終わりだということです。


カタルエは全面的にニンをネタに応援していきたいと思います。

関連する記事