四国お遍路チャリの旅! なぜお遍路?

大学4年生、春。





ずっと大学院に進学しようと思っていた。けど、去年の冬に、いろいろ考えて就職活動を始める。毎日、会社のお偉いさんのありがたいお話を聞き、くだらない筆記試験をやらされた。面接、面接の日々が続く中、もう作り笑顔も飽きてきた。そんな時、ふと思った。



旅に出たいなあ。



もともと自転車が好きで、北海道やら関東近辺にはちょくちょく出かけてた。今は大学4年、今年が最後の学生生活である。これからどんな会社に入るのかわからないが、とりあえず長旅を許してくれる企業はないだろう。今しかない。この就職活動が終わった暁には、旅に出よう。



今まで行ったことのない場所、海外は金がきついから、国内、、、そう、四国だ。四国なら一周するのにちょうどいい広さだし、島だから海岸沿いなんか走ってて気持ちよさそうだ。早速四国出身の友達に、どんなところか聞いてみる。



「なんにもないよ」



とてもいい。つまり自然がいっぱいあるということだ。自転車で走るにはそういうところが一番気持ちいい。

四国のことをいろいろ調べていくうちに、お遍路のことを知った。なに、白い装束を着て、88ヶ所のお寺をまわる旅?面白そうだ。仏教などに興味はなかったが、この寺を目印にスタンプラリーのように四国一周したら、なにかやり遂げた気分になるような気がした。

無事内定も決まり、夏が来た。しかし貯金がない。自分の無計画さを嘆きながら、ひたすらバイトを続けた。孤独な夏である。



そして夏の終わり、貯まった十万を持って、船に乗った。